NY株式:ダウは51ドル安、著名投資家の弱気発言受け警戒感強まる

NY株式:ダウは51ドル安、著名投資家の弱気発言受け警戒感強まる

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

17日の米国株式相場は下落。ダウ平均は51.98ドル安の18086.40、ナスダックは14.34ポイント安の5199.82で取引を終了した。朝方は主要企業の決算内容が好感された一方で、10月ニューヨーク連銀製造業景況指数や9月鉱工業生産が予想を下振れたことが嫌気され小動きとなった。著名投資家のテッパー氏やアイカーン氏などが相次いで株式市場に弱気の発言を行ったことで、引けにかけて下げ幅を拡大した。セクター別では、公益事業や電気通信サービスが上昇する一方で消費者・サービスや小売が下落した。

原油相場の下落を受けてサウスウエスタン・エナジー(SWN)やチェサピーク・エナジー(CHK)などエネルギー関連会社が軟調推移。電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は新製品の発表を延期し、下落。銀行大手のウェルズファーゴ(WFC)は一部アナリストによる投資判断引き下げを受け、売られた。一方で、玩具メーカーのハズブロ(HAS)や大手行のバンク・オブ・アメリカ(BAC)は決算内容が好感され、上昇した。

動画配信サービスのネットフリックス(NFLX)はマーケット終了後に7-9月期決算を発表し、売上高、一株利益ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。

Horiko Capital Management LLC

<TM>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加