最新ランキングをチェックしよう
FinTechの流れを後押しする、中小企業用の新たな資金調達システムに注目!

FinTechの流れを後押しする、中小企業用の新たな資金調達システムに注目!

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/07/13

【PHOTO】iStock
手形に代わる新たなシステム
金融庁は7月7日、都内のベンチャー企業に対して、「電子債権記録業」としての指定を与えた。
電子記録債権は、企業間の取引で生じた「債権」を電子データとして記録し、それを譲渡する仕組みで、手形取引などに比べて事務コストを軽減できることから、手形などによる支払いに代わる方法として将来性が期待されている。
「電子債権」にするには、取引の債権を電子記録

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
客にも従業員にも愛される日本一のホテル
なぜ、「日経平均15連騰」でも保有銘柄が上昇しないのか?
データ改ざんで揺れる神戸製鋼「解体論」の現実味
トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
住宅ローン、破綻する人の「マズすぎる返済計画」パターン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加