EL未出場のオーバメヤンがELで使えない? ヴェンゲルの不満が爆発「ナンセンスだ!」

EL未出場のオーバメヤンがELで使えない? ヴェンゲルの不満が爆発「ナンセンスだ!」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/15
No image

サンチェスとジルーを手放し、ラカゼットは怪我。この危機的状況でオーバメヤンまでELで起用できないアーセナル。ルール改正を訴えるヴェンゲルの主張はUEFAに聞き入れられるのか。(C)Getty Images

アレクサンドル・ラカゼットの故障離脱によって、余計に苛立ちが増しているのかもしれない。

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は現地時間2月14日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1レグのエステルスンズ(スウェーデン)戦の前日会見で、UEFAのルールに改めて不満を表わした。

ラカゼットは13日、左膝の手術を受けた。直後にアーセナルは「4~6週間離脱する見込み」と発表。エステルスンズとのラウンド32は、2試合ともこのフランス人FW抜きで戦う見通しだという。

これにより、1月のマーケットでアレクシス・サンチェスとオリビエ・ジルーを放出したアーセナルの前線に、使えるFWはもはやダニー・ウェルベックしか残っていない。冬の新戦力ピエール=エメリク・オーバメヤンをELでは起用できないからだ。

オーバメヤンは今シーズン、前所属のドルトムントでチャンピオンズ・リーグ(CL)に出場しているが、ELではプレーしていない。だが、ドルトムントがCLのグループステージで3位になり、ELに回ってきたことで、アーセナルはオーバメヤンを起用できなくなったのだ。

つまりオーバメヤンは、「以前所属していたクラブが、現在同じ大会に出場している」という不適格選手の規約により、出場できないわけだ。

同じく1月の新戦力であるヘンリク・ムヒタリアンは、前所属のマンチェスター・ユナイテッドがいまもCLで勝ち残っているため、アーセナルでELの試合に出場できる。

英紙『The Guardian』によると、ヴェンゲル監督は「このルールは欧州から消えるべき。きっとすべてのクラブが合意するはずだ」と、UEFAにルール改正を求めている。

「いまの移籍金の相場を考えてくれ。シーズン途中に5000万ポンド(約77億5000万円)とか、7000万ポンド(約108億5000万円)を払わなければ希望の選手を獲得できない時代なのに、いざ獲得してみたらその選手を使えないなんて、ナンセンスだよ」

トーナメントではなにがあるか分からない。その中での駒不足は小さくない痛手だ。敵将であるイングランド人のグラハム・ポッター監督を「素晴らしい仕事をしている」と称賛し、エステルスンズを警戒するヴェンゲル監督にとっては、なおさらだろう。

プレミアリーグで6位に甘んじているアーセナルにとって、優勝すれば来シーズンのCL出場権を得られるELは重要な大会だ。スウェーデンの地で、格下相手に足をすくわれるわけにはいかない。はたしてヴェンゲル監督と彼のチームは、良い結果を残してロンドンに戻ることができるだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゴメスの1点を守り抜いたシュトゥットガルトが連勝を飾る...浅野はメンバー外
アメリカや中国も視野...34歳ロッベン、現役続行へ意欲「あと1、2年はトップレベルで」
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
平昌五輪、韓国人選手の対戦相手のSNSに韓国人が誹謗中傷攻撃...IOCが異例の呼びかけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加