【神戸新聞杯】サトノアーサー軽やかに弾んだ 直線決めて2馬身先着

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15

「神戸新聞杯・G2」(24日、阪神)

ダービー10着のサトノアーサーは14日、栗東CWで川田を背にサトノラーゼン(5歳オープン)と併せ馬。2馬身先行する僚馬を目標に発進。

直線は鞍上のゴーサインに瞬時に応え、馬体を軽やかに弾ませた。6F82秒7-38秒9-11秒6で2馬身先着だ。池江師は「順調です。体にも幅が出ています。ダービーは展開に泣かされましたね。今回も折り合いを重視したい」と道中のリズムを鍵に挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「これは算数のテストの答案用紙だが...この生徒はよくわかってる!」
長嶋一茂の「ミサイルごとき」暴言を一蹴した宇賀なつみの評価が急騰!
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国
コード・ブルー最終回の「ご都合主義」に批判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加