国鉄時代の逸品をできるだけ当時のままに復刻・製造「PRINCE懐中時計」

国鉄時代の逸品をできるだけ当時のままに復刻・製造「PRINCE懐中時計」

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/10/19
No image

来年2017年は、国鉄からJRになって30周年の記念すべき年です。それを記念して、PRINCE懐中時計は制作されました。

村松時計製作所が製造し、国立中央気象台の認定を受け鉄道時計として当時の鉄道省の幹部、主要駅の駅長に配布されていた公務御用品の鉄道懐中時計。その懐中時計を、現在国立科学博物館に展示されているPRINCE Chronometerをもとに、できるだけ当時のままに復刻・製造しました。

文字盤に日本の鉄道シンボルである動輪ロゴ、裏ブタには「鐵道省鐵道従業員公務御用品」の刻印があります。

No image
No image

ワニ革合皮特製ボックスに収納し、国立中央気象台検定書(当時)の鑑定書(複製)、特製スタンドが付属しています。

No image

アスキーストアでは2万9160円(税込)にて販売中です。詳細なスペック&オンライン購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)。

日本国有鉄道(国鉄)民営化(JR)30周年記念 PRINCE懐中時計をアスキーストアで購入

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
大学ブランド力ランキング北陸・東海編、総合1位は名大に - 私立1位は?
千葉大「かなり重い処分になる」集団強姦
病院で男が女性看護師を刺す 岩手・大船渡市
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加