ボルグワーナーの電動ターボ、欧州の自動車メーカーに納入へ...2022年から

ボルグワーナーの電動ターボ、欧州の自動車メーカーに納入へ...2022年から

  • レスポンス
  • 更新日:2020/01/27
No image

ボルグワーナーの電動ターボ「eTurbo」

ボルグワーナー(BorgWarner)は、新開発の電動ターボの「eTurbo」を、2022年から欧州の自動車メーカー納入する契約を締結した、と発表した。

ボルグワーナーの電動ターボのeTurboは、タービンと同じ単一のシャフトに取り付けられた「eマシン」と呼ばれるモータージェネレーターを備えたターボチャージャーとなる。

ターボのアシストが必要な場合、eマシンはターボシャフトを回転させて、ほぼ瞬時にトルクをブーストする。また、必要以上に多くのタービンエネルギーが排気流から生成されると、システムがこれを電気エネルギーとして蓄える。ボルグワーナーによると、ターボラグは事実上存在せず、優れたローエンドトルクを実現するという。

ボルグワーナーはこのeTurboを、2022年から欧州の自動車メーカー納入する契約を締結した。まずは乗用車に搭載され、将来は商用車への拡大採用も見込まれる、としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前澤友作氏、新会社で再び社員募集 破格の年収に「すごすぎる」
世界の半導体生産能力、日本勢を含む5社が全体の53%を保有 - IC Insights
“復興バブル終焉”が建設業界を襲い始めた...被災地の工事減少で倒産増加、五輪バブル崩壊も
ガリバー電通を「上場来初の赤字転落」させた「巨大時限爆弾」の正体
積水ハウス地面師事件「マネロン」も焦点?米国人取締役候補らの指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加