千葉が初タイトル 後半ロスタイムMF瀬戸口がV弾

千葉が初タイトル 後半ロスタイムMF瀬戸口がV弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

表彰式で喜ぶ千葉の選手たち(撮影・狩俣裕三)

なでしこリーグ杯決勝は12日、東京・味の素フィールド西が丘で行われ、千葉が浦和を1-0で破り、初優勝を飾った。後半ロスタイム、切り込んだMF瀬戸口が、中央やや左から左足でゴール右隅にミドルシュートを決めた。守備に追われる時間が続いたが、延長突入直前に一瞬の隙を突く決勝点。チームに初のタイトルをもたらした。

瀬戸口は「昨年は決勝で(日テレに)0-4で負けてしまい、悔しい思いをした。(決勝点は)最後のプレーだと思い、シュートを打たなかったら後悔するので思い切って打った」と笑顔。週3日は5時間、事務仕事をこなすが「週5日で接客業とか力仕事をしている選手も多い。でも練習はみんな集中している」と、厳しい環境でつかんだ勝利をかみしめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FC東京・室屋2戦連続アシストも敗戦 雷雨で試合開始1時間遅れる
C大阪杉本「俺自身出し切った」代表入りへ7戦8発
【J1採点&寸評】浦和 2-1 FC東京|圧巻2ゴールの興梠がMOM! 逆にFC東京攻撃陣は...
鹿島・金崎、視察のハリル監督にアピール弾 絶大な勝負強さ見せた
【J1採点&寸評】鳥栖 3-0 大宮|イバルボがついに覚醒か!? 鳥栖は3発快勝もアタッカー陣に明暗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加