西武カスティーヨが初打撃投手 自称166キロ右腕、安打性1本だけ

西武カスティーヨが初打撃投手 自称166キロ右腕、安打性1本だけ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/02/15

先発として期待されている新外国人右腕のカスティーヨが初めて打撃投手で登板した。永江、山田、鈴木に対し40球を投げ、ヒット性の当たりを1本にとどめた。2年前に韓国で166キロをマークしたことがあると明かしている剛腕は「投げた感触はよかった。肩の状態はいいので、実戦ではもっと全力で投げられるよ」とうなずいた。

=2018/02/15付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
奨成19日実戦デビュー「失敗を恐れずに思い切ってやりたい」
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
メダリストになった高木美帆...8年前、札幌Dで笑った少女が遂げた変貌
サービス世界大会で金メダルを獲りに行く...アウディジャパン社長[インタビュー]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加