糖質目白押しのクリスマスパーティーで太りにくい食べ方のヒント

糖質目白押しのクリスマスパーティーで太りにくい食べ方のヒント

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07
No image

まだまだ続く糖質オフや糖質を抑えた食事ブーム。ここ数年では、クリスマス向けについても糖質をできるだけ排除したメニューを見かけるようになってきた。できれば太りたくないと考える人に、クリスマスパーティーでの食べ方やメニューのアイデアなどを、プライベートジムRIZAP(ライザップ)の管理栄養士に教えてもらった。

■ダイエット中なのにクリスマスパーティーに参加することになったら…

No image

ダイエット中、クリスマスパーティーに参加するとなると、糖質目白押しのメニューが出たらどう対処しよう…と不安になる人もいるだろう。

クリスマスパーティーの定番メニューといえば、ローストビーフ、ローストチキン、グラタン、キッシュ、カナッペ、ピザ、キッシュ、そしてクリスマスケーキなどがある。

パーソナルトレーニングジムで知られるライザップで管理栄養士を務める柳井美穂さんは、太りにくい食べ方のポイントを次のように教える。

●サラダ→汁物→たんぱく質メインの主菜の順で食べる

「まずはサラダから食べ、次に汁物を食べてもいいでしょう。ただし、小麦粉、片栗粉は使わず、コンソメなどのダシを使ったものに限ります。次はローストビーフ、ローストチキンなどのたんぱく質メインの主菜。ボリュームもあり腹持ちもいいので満足感が得られます」

●カナッペはトッピングをメインに食べる

「カナッペの土台がフランスパンの場合は極力避け、トッピングのチーズや野菜をメインに食べるといいです。フランスパンではなくクラッカーであれば、量に気を付けていただければ、食べてもOKです」

●夜の場合はピザ・グラタン・キッシュなどの主食は避ける

「ピザ・グラタン・キッシュなどの主食に該当しそうなものは、昼などであれば多少食べてもOKですが、夜の場合は避けるようにするといいでしょう」

■クリスマスパーティーを主催!どんなメニューにするといい?

No image

クリスマスは、自宅や友人家などでホームパーティーを開催することもあるだろう。その場合、料理を準備する立場になった場合「太りにくさ」を意識するとどんなメニューを選べばいいだろうか。

●料理

「基本は、次の3種類の組み合わせでメニューを構成するのをおすすめします」

(A)主菜(たんぱく質メインのもの)+(B)副菜1+(C)副菜2

(A)主菜(たんぱく質メインのもの)
魚、肉、卵、大豆製品、乳製品を使ったもの。
例:ローストチキン、ローストビーフ、鯛やスズキのオーブン焼き、ミートローフ、ロールキャベツなど

(B)副菜1
糖質低めの緑色野菜をメインにする。暖色系野菜は比較的、糖質が高めなので、彩りを出したいならミニトマトなどはトッピング程度に添える。根菜類は糖質が高めなので積極的には使わない。
例:カプレーゼ(トマトは少なめに)、生ハムサラダ、サーモンのカルパッチョなど

(C)副菜2
スープ系。コンソメスープ、中華スープといったダシを使ったもの。
※小麦粉や片栗粉を使わないもの(ポタージュ系、かきたまスープなど)
例:コンソメスープ、中華スープなど

●飲み物

「飲み物で糖質が低めなのは、焼酎やウィスキーといった蒸留酒です。ワインは白より赤のほうが糖質が低いです。さらに甘口より辛口のほうが糖質が低いです。

優先順位としては、1.赤ワイン、2.辛口白ワインです。甘口ワインやロゼは控えるようにするといいでしょう。ちなみにロゼは白ワインの2倍の糖質量があります」

クリスマスパーティーに参加する際も、開催する際も、これらのことをヒントにして、クリスマスを存分に楽しもう。

取材協力
管理栄養士 柳井美穂さん
RIZAP株式会社 スタジオ事業部 教育ユニット プログラム開発・フォローアップチーム
https://www.rizap.jp/

取材・文/石原亜香利

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鍋好きが一番多いのは四国!出身県別のよく食べる鍋ランキング
【韓国グルメ】ソウルの朝食は「河東館」のコムタンクッパが鉄板 / 明洞だからアクセスも良好
今年もこの季節!「日清のどん兵衛 年明けうどん」--梅干しや昆布、かまぼこで“縁起のいい”一杯に
気絶レベルにウマい!爆売れ“メロンパンシュークリーム”を食べてほしい--東京・笹塚「スイーツハウス」
埼玉から消えていった名店たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加