『パシフィック・リム』続編、来年4月公開決定 巨大KAIJUが日本上陸

『パシフィック・リム』続編、来年4月公開決定 巨大KAIJUが日本上陸

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/10/12
No image

『パシフィック・リム:アップライジング(原題)』は2018年4月日本公開 (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

ギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、日本はじめ全世界でヒットを記録したアクション映画『パシフィック・リム』(2013年)の続編『パシフィック・リム:アップライジング』が、2018年4月に日本公開されることがわかった。併せて、日本と思しき都市を舞台に、人型兵器「イェーガー」と巨大生命体「KAIJU」が対峙する海外版予告が解禁された。

【動画】『パシフィック・リム:アップライジング』海外版予告

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す。よりスタイリッシュに洗練され、パワーアップした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちは、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことができるのか。

海外版予告は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役で知られるジョン・ボイエガ演じる主人公ジェイク・ペントコストが、偉大なる父の意思を継ぎ、絶体絶命の危機に直面する人類を救うため、イェーガーの操縦席に乗り込む決意を固める場面が登場する。

また、前作に引き続き2人のパイロットが神経を同調させ操縦するイェーガーの象徴的なシステムは健在。さらに、最新作ではジェット噴射を駆使し空へと飛び立つ迫力満点の新機能も映し出されており、新たなる闘いは世界各国の都市、そして陸・海・空すべてを股にかけるケタ外れのスケールへと拡大することが期待される。

メガホンをとるのは、スティーブン・S・デナイト監督。前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、世界中の映画ファンの心を鷲づかみにしたデル・トロ監督は、引き続き製作として参加し、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)らキャストも引き続き活躍。新キャストとして新田真剣佑も出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
若き日のハン・ソロを描く映画、正式タイトル発表――‘Solo: A Star Wars Story’ は来年公開へ
“世界一の美女”出演、人気ドラマのNGシーン
劇場公開への“ハードル”が高すぎる元SMAPメンバーの映画
ドロシーとアリスが夢の共演!
河森正治監督が最新作『重神機パンドーラ』に込めたテーマともう一つの挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加