シュメール初期王朝時代の「花瓶」として大英博物館が展示していた品は実は「メイスの頭部」だった

シュメール初期王朝時代の「花瓶」として大英博物館が展示していた品は実は「メイスの頭部」だった

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/01/11
No image

byNicole Baster

ロンドンの著名な観光スポットである大英博物館で、これまで長年にわたって展示されていた「花瓶」が、実は古代メソポタミアのシュメール初期王朝時代に使われていたメイスの頭部であったことがわかりました。

British Museum realises 'vase' is in fact an ancient mace-head displayed upside down | The Art Newspaper

https://www.theartnewspaper.com/news/british-museum-goes-belly-up

No image

美術関連のニュースを扱うThe Art Newspaperによると、大英博物館のキュレーターが、紀元前25世紀にシュメール初期王朝時代に都市国家として繁栄していたラガシュウンマによる「記録に残された最古級の国境紛争(ラガシュ・ウンマ戦争)」にまつわる企画展「No man's land」に関する調査中に間違いに気付いたとのこと。

エール大学に類似の品があったため調べたところ、長らく「花瓶」だと思っていたものは上下が逆さまで、ウンマのギシャキッド王のために粘土を焼いて作られたメイスかヘビークラブの頭部だったことが確認されました。その後、展示品は正しい向きで「メイスの頭部」として展示されています。

正しく展示された「初期王朝時代のウンマのメイスヘッド」(紀元前2400年)

No image

© J.Fernandes. Courtesy of the Trustees of the British Museum

企画担当のキュレーターであるアービング・フィンケル氏は「我々がどんなにバカだったか理解しました」と語っています。

ちなみに、企画展「No man's land」のプロモーション映像はこんな感じです。

No man's land - YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タリバンがアフガン情報機関を攻撃、死者65人か
危険すぎる!中国の子どもが高速道路でとんでもない“遊び”
平和条約交渉、日ロ首脳が主導=2月に独で外相会談-共同経済活動、進展を指示
世界が注目!ブルガリア『盲目の予言者』が2019年を予言していた
バングラデシュの「樹木男」、症状悪化で再入院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加