ヤクルト1位村上、本拠神宮球場は「狭かった」

ヤクルト1位村上、本拠神宮球場は「狭かった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

神宮球場に見学に訪れたヤクルトの新人選手。左から西濃運輸・松本、東海大市原望洋・金久保、岡山商科大・蔵本、九州学院・村上、三菱重工広島・大下、JX-ENEOS・塩見、奈良学園大・宮本、BC石川・沼田

ヤクルトの新人選手が6日、施設見学のため神宮球場に訪れた。ドラフトで指名された8選手は家族とそれぞれ記念撮影を行うなど、本拠地の雰囲気を味わった。

ドラフト1位の九州学院・村上宗隆捕手(17)は「思っていたより狭かった。このグラウンドで早くプレーしたいなと思いました」と話した。高校通算52本塁打のスラッガーには美しい放物線を描くアーチが期待されるが「(本塁打は)そんなに簡単なものじゃないと思っている。練習してそういうプレーヤーになりたい。やるからには1番を目指したい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・菅野“軍団”でハワイ自主トレへ 「落ち球強化を」 宮国、畠らと
巨人・菅野、総勢6人の大所帯で自主トレ出発「他の子の人生を預かっている」
巨人畠「食らいつく」菅野らとハワイ自主トレへ出発
中田、大谷、ダルビッシュも苦労した!清宮は「オトナ集団」の日ハムに馴染めるか?
中日大野雄大、ひとり親家庭の親子招待で市長感謝状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加