驚くほど薄くて使い勝手も満足な13.3型ノートPC「YOGA S730」

驚くほど薄くて使い勝手も満足な13.3型ノートPC「YOGA S730」

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/10/22

日々の生活を充実させるモダンPCとは?

モダンPCとは、マイクロソフトが提唱する、スタイリッシュさと使い勝手のよさを両立したモバイルノートパソコンで以下のような特徴がある。

・SSD/eMMC搭載で処理が高速なのに加え、指紋認証やWindows Helloでの顔認証で簡単・安心ログインが可能。起動を高速化する「高速スタートアップ」も搭載
・薄くて軽いボディーで、外出先にも気軽に持っていける
・タッチ操作対応の2 in 1タイプで、ノートパソコンだけでなくタブレットとしても使用できる
・Microsoft Office搭載で日々の仕事を快適にこなせる

Windows 7のサポート終了が迫る中、日々の生活をモダンPCでより充実・快適にしてみてはいかがだろうか。

No image

Lenovoの「YOGA S730」

Lenovoが販売する「YOGA S730」は、13.3型液晶ディスプレーを搭載したクラムシェル型のノートPC。厚みがわずか11.9mmという極薄ボディにCore i5-8265U/Core i7-8565UやPCIe SSD、長時間バッテリーなどを搭載しており、出先でも軽快に作業できるのが特徴だ。

アルミ素材を採用して薄く、軽く、堅牢な筐体を実現

日常的に持ち歩くモバイルノートの場合、本体の軽さはもちろんだが、薄さも重要視したいポイント。YOGA S730は11.9mmという驚きの薄さを実現しているうえ、天板と底面が凹凸の少ないフラットな形状になっており、カバンに入れた際にかさばらないのが特徴だ。

No image
No image

薄さは約11.9mmで、ちょっと厚めのスマホやタブレットと同程度のためカバンに収納してもかさばらない

約1.1kgの本体は、常時携帯していてもほとんど苦にならない。これだけ薄くて軽いと「曲がったりしないの?」と心配になるが、筐体にアルミ素材を使用することで薄さと剛性の高さを両立している。実際、洗練された外見からイメージするよりもずっとガッシリしており、カバンに入れて持ち運ぶ際も不安は感じなかった。

No image

底面も凹凸の少ないフラットな形状でカバンにも収納しやすい

No image

アルミ素材を使用した筐体は、シンプルながら上質で洗練された雰囲気が漂う

高品質な液晶ディスプレーを搭載

LenovoのYogaシリーズというと回転ヒンジを採用した2-in-1 PCをイメージする人も多いと思うが、YOGA S730は通常のクラムシェル型ノートPCでタッチパネルも搭載していない。そのためタブレット的な使い方はできないが、ディスプレー部は180度まで開くことが可能。目の前の相手に画面を見せながら打ち合わせする際などはとても便利で、ビジネスシーンで重宝しそうだ。

No image

ディスプレー部は180度まで開くことができるが、視野角が広いため開き切った状態でも画面が見やすい

液晶ディスプレーは13.3型のIPSパネルで、解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)と、このクラスのノートPCとしては標準的。視野角が広いのでディスプレーを180度開いて斜めから見る場合でも色味や明るさの変化が少なく見やすいのはありがたかった。

ノートの内蔵ディスプレーとしては色域がかなり広く、筆者が普段使っているsRGB100%のクリエイター向け外付けディスプレーと比較しても遜色ない性能。一般的なノートPCだと彩度の高い赤や青、緑などはくすんだ色になりがちだが、本来の鮮やかさがしっかり再現されていた。これなら、写真や映像の編集などのクリエイティブな作業にも安心して使えそうだ。

ディスプレー上部のベゼルは、極細にもかかわらずウェブカメラが内蔵されており、HDビデオ(1280×720ピクセル)の撮影が可能。こういったベゼルレスデザインのノートPCの場合、カメラを下部ベゼルに配置した製品もあるが、それだと下から見上げるような角度で顔が映ってしまいがち。その点、YOGA S730は自然な角度で顔が映るので、Skypeなどでビデオチャットをする際もカメラ写りが気にならないのはうれしい。

No image

ベゼルが極細にもかかわらず、ディスプレー上部にウェブカメラが内蔵されている。ディスプレー下部にカメラを内蔵する機種よりも自然な角度で顔が映るのがポイント

バックライト内蔵で打鍵感のよいキーボード

メールや文書などを作成する機会が多い人にとって重要なのがキーボードの打ち心地だろう。YOGA S730は標準的なキー配列を採用しており、キーピッチも19mmあってかなりタイプしやすい印象。これだけ薄い本体にもかかわらずキーストロークが1.5mm程度あるのも評価できるポイントだ。

No image

極薄なのに十分なストロークを確保したキーボード

キートップはLenovoらしく下部が丸まった独特の形状で、指で押さえやすいのが特徴。Enterキーが隣のキーとくっついているのは最初若干戸惑ったが、慣れれば問題なし。クリック感がしっかりあり、打鍵音も耳につかないので、長文でもガシガシ軽快にタイプできた。

なおキーボードはバックライトが内蔵されており、暗所でキートップの文字が光る仕組みになっている。飛行機で移動中に作業したい場合や、プレゼン会場で使いたい場合など、照明を落とした場所でもキーを判別しやすいのはありがたい。

No image

バックライトが内蔵されており、暗所でキートップの文字が光る仕組みになっている

タッチパッドはボタン一体型で操作スペースが広いため、ジェスチャーなどもしやすく感じた。タッチパッド右横にはWindows Hello対応の指紋認証センサーも搭載されており、指を当てるだけでパソコンにログインできる。実際に試してみたが指紋認証の精度やスピードも十分で、パスワードを入力するよりも圧倒的に速い。出先に持ち運んで使う場合も、これなら安心して使えそうだ。

No image

指紋認証センサーを搭載しており、セキュリティ対策もバッチリ

小型ボディながらUSB Type-Cは3基搭載

インターフェースは、本体左側面にUSB3.1 Gen 1 Type-Cとマイクロフォン/ヘッドフォン・ コンボ・ジャック、右側面にUSB3.1 Gen 2 Type-Cを2基搭載している。

No image

本体左側面にUSB3.1 Gen 1 Type-Cとマイクロフォン/ヘッドフォン・ コンボ・ジャックを搭載する

右側面のUSB Type-Cは両方ともUSB Power DeliveryとThunderbolt 3、DisplayPort出力に対応。HDMIやUSB Type-Aなどは搭載していないが、最近はUSB Type-Cが普及して変換アダプターなどのアクセサリーも増えてきたので不便を感じることは少ないだろう。コンパクトな本体ながらUSB Type-Cポートを3基も搭載しているのはうれしいポイントだ。

No image

本体右側面のUSB Type-Cポートは、2基ともUSB Power DeliveryとThunderbolt 3、DisplayPort出力に対応している

軽快に持ち運んで使えるモバイルノート

YOGA S730は、アルミ素材を使用して剛性の高さと薄さ、軽さを実現したモバイルノートだ。高品位な液晶ディスプレーや打鍵感のよいキーボードを搭載しており、外出先に気軽に持ち運んで快適に使える製品に仕上がっている。カバンに入れてもできるだけかさばらない洗練されたデザインのモバイルノートを探している人は、YOGA S730を検討してみてはいかがだろうか。

No image

【関連サイト】

YOGA S730製品情報

モダンPC

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
YouTubeの新しい利用規約が「採算の合わないチャンネル」を勝手に削除可能になるものだと物議を醸す
どこにでも持ち運びができるワイヤレスキーボード! 今もっとも売れている製品TOP10
デスクトップパソコンを買うなら安い時期を狙うべし!おすすめの購入時期と検討したいパソコンメーカー3選
5000円以下の低価格モデルから高音質モデルまで!失敗しないPC用スピーカーの選び方
デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加