12Rの本命は平原 共同通信社杯 【武雄】

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/15

武雄競輪(佐賀県武雄市)のG2「第33回共同通信社杯」(優勝賞金2130万円)が15日に開幕。4日間開催で最終日は18日。武雄競輪場では、2011年4月の26回大会(春一番)以来のビッグレース。準決までの勝ち上がりレースは、1予は選考順位により、2予(A、B)は1予の着順により、いずれも自動的に作成。そのため、珍しい並びや単騎の選手が多くのレースで“出現”する。10Rは地元の山田ブラザーズ(英明・庸平)が初めて同じレースで出走するが、それぞれ別行動。どちらが先着を果たすか注目だ。11Rは賞金ランキング1位の新田祐大、12Rは同3位の平原康多をそれぞれ本命に推す。シリーズの売上目標額は80億円。

=2017/09/15付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
雲行きが怪しくなってきた北朝鮮情勢
『ドクターX』、また米倉涼子のバーター出演横行...前作ではセリフ棒読みで失笑買う
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
世界で一番早くiPhone8 Plusを割ってしまった人物が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加