平昌五輪の高梨と高木、かつての「天才少女」が「挫折」後の見事なメダル

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/13

韓国・平昌で開かれている冬季オリンピックで2018年2月12日、女子ジャンプの高梨沙羅選手(21)がノーマルヒルで銅メダルを獲得した。前回ソチ冬季五輪では「ワールドカップ」の各大会で圧倒的な強さを見せ金メダルが確実視されていたが、重圧を前に4位に終わった。今季(2017-18)は「ワールドカップ」で1勝もできない不調続きだったが、底力を発揮、3位に食い込んだ。

同日行われたスピードスケート女子1500メートル決勝では高木美帆選手が銀メダルを獲得。15歳でバンクーバー五輪に出場し、「スーパー中学生」といわれたものの、前回ソチ冬季五輪では代表から落選。失意の中で再起をめざし、念願のメダルを獲得した。スピードスケートでの日本女子の銀メダルは初。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦と宇野昌磨のオフショットが眼福すぎるう☆ NHKが公開したエキシビジョン練習動画が大人気です
<平昌五輪>羽生結弦は閉会式出席も旗手にはならず?中国ネットからは気遣う声も
フィギュア・宮原知子が4位入賞 松岡修造の「神インタビュー」に称賛の声
【美の化身】女子フィギュア・カナダ代表のすっぴんとメイクのギャップがすごい / メイク前は無邪気な少女なのに...!
会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加