ヤンマー、営業益54%減...国内建機市場の反動減など 中間決算

ヤンマー、営業益54%減...国内建機市場の反動減など 中間決算

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

ヤンマーは11月30日、2016年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高3898億7100万円(前年同期比+10.0%)、営業利益82億円(-54.0%)、経常利益は67億2100万円(-61.7%)、純利益は32億9100万円(-70.0%)だった。なお、海外子会社の決算期変更に伴う影響を除くと、売上高3300億円(-6.9%)、経常利益は27億円(-84.4%)、純利益は5億円(-94.9%)となる。

農業機械の国内市場は、需要が低調に推移したものの機械の大型化が進み売上高は前期並み。また海外市場は、韓国、インドネシア等で販売が増加したものの、タイの干ばつによる需要減少等の影響により前期を下回った。

建設機械の国内市場は、排ガス規制導入に伴う前年の駆け込み需要の反動により売上高は前期を下回った。一方、海外市場は欧州で景気回復に伴い需要が増加。また、米国も建設需要は拡大傾向にあり、売上高は前期を上回った。

小形産業用エンジンは、北米の主要顧客向けの販売、並びに欧州への販売が減少したことにより、売上高は前期を下回った。舶用エンジンは、非外航船向けエンジンの需要は堅調に推移しており、またプレジャーボートの需要は米国を中心とした先進国で増加した。しかし、外航船向けエンジンの需要は新造船建造量の低迷により減少し、売上高は前期を下回った。

通期業績見通しは、売上高7470億円(前回予想比-580億円)、営業利益130億円(-180億円)、経常利益160億円(-140億円)、純利益81億円(-79億円)へ下方修正した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
ロート製薬 副業OKでも23期連続増収のワケ
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
なぜ昭和のレーサーレプリカに平成っ子たちが夢中になるの!?
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加