「パンダだけではないが...」 和歌山・アドベンチャーワールド、動物園の頂点に立つ

「パンダだけではないが...」 和歌山・アドベンチャーワールド、動物園の頂点に立つ

  • Jタウンネット
  • 更新日:2018/10/10
No image

アドベンチャーワールドのパンダ(pelicanさん撮影、Wikimedia Commonsより)

「向こうはシャンシャンやけどこっちはジャンジャン産まれてる」「1~2年に1回は赤ちゃん生まれてるぞ」と話題になったのは、和歌山県白浜町にあるレジャー施設「アドベンチャーワールド」だ。2017年秋ごろ、一部SNSで拡散したことがある。

アドベンチャーワールドは中国の「成都大熊猫繁育研究基地」の日本支部でもあり、ジャイアントパンダの繁殖研究事業を行っている。現在までに10数頭の繁殖実績があるが、その割には知名度がない、というのが定説だった。しかしどうやらその定説は覆されてしまったようだ。

世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「旅好きが選ぶ!日本の動物園・水族館ランキング2018」の動物園部門で、アドベンチャーワールドが1位に選ばれた。

「ゆっくりと好きなだけパンダを見られます」

No image

アドベンチャーワールドのパンダ(pelicanさん撮影、Wikimedia Commonsより)

今年に開園40周年を迎えたアドベンチャーワールドは、動物園、水族館、遊園地の3つを持つ。とくにジャイアントパンダの人気は高く、広い敷地の中で、パンダのしぐさや行動が至近距離でゆっくり観察できる点が、ひときわ好評だ。

No image

アドベンチャーワールドのパンダ(pelicanさん撮影、Wikimedia Commonsより)

トリップアドバイザーに寄せられた口コミでも、「ゆっくりと好きなだけパンダを見られます」「パンダの多さに圧倒」「パンダだけではないがやはりパンダ」といったコメントが多いという。やはりパンダの人気がランキング1位になった最大の要因であろう。

No image

アドベンチャーワールドのパンダ(トリップアドバイザー・プレスリリースより)

ツイッターのアドベンチャーワールド公式アカウントからは次のように告知されている。

No image

世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「旅好きが選ぶ!日本の動物園・水族館ランキング2018」の日本の動物園ランキングにおいて、アドベンチャーワールドを「第1位」に選んでいただきました!皆様のご愛顧の賜物と、厚く感謝申し上げます。 #アドベンチャーワールド
— アドベンチャーワールド公式 (@aws_official)
2018年10月2日
from Twitter

No image

アドベンチャーワールドのぺンギン(pelicanさん撮影、Wikimedia Commonsより)

ツイッターにはこんな声も寄せられている。

第1位 おめでとうございます
私にとっても日常を忘れて楽しめる大好きなアドベンチャーワールドさんです
— lino_K☆ (@linoHorizon78)
2018年10月2日
from Twitter

やったぜ。
トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ」でアドベンチャーワールドが日本の動物園部門1位 https://t.co/JJOC855uuQ @Sankei_news より
— きうり@プガ?朝ノ衆 (@puga_zimmad)
2018年10月5日
from Twitter

アドベンチャーワールドでは、その他、ライオンやアミメキリン、アジアゾウ、カピバラ、アルパカなど、140種1400頭の動物たちが飼育されている。またサファリゾーンでは、カートや車から動物を間近に見る体験ツアーも人気だ。

No image

アドベンチャーワールド(pelicanさん撮影、Wikimedia Commonsより)

ランキング・トップ10の2位以下は、以下のとおりだ。

2 位 高知県立のいち動物公園/高知県香南市3 位 旭山動物園/北海道旭川市4 位 神戸どうぶつ王国/兵庫県神戸市5 位 掛川花鳥園/静岡県掛川市6 位 東山動植物園/愛知県名古屋市7 位 神戸市立王子動物園/兵庫県神戸市8 位 那須どうぶつ王国/栃木県那須町9 位 富士サファリパーク/静岡県裾野市10 位 伊豆シャボテン動物公園/静岡県伊東市

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「むっちゃセクシーなリス撮れた」ツイートが反響「谷間がボイン! ボイン!」「負けました」
気持ち良すぎて倒れそうになるフクロウ(動画)
「危ない!」盲目の飼い主を守るため、迫りくるバスに身を投げ出した盲導犬。
この子たちいったいどこから来たの?柴犬ハル、自分のぬいぐるみにまみれる
誰も私たちを引き離すことはできない。身を寄せあって外の世界で生きていた犬と猫、紆余曲折を経てようやく保護される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加