シンガポール航空の新スイートクラスがほぼホテルの部屋

シンガポール航空の新スイートクラスがほぼホテルの部屋

  • IRORIO
  • 更新日:2017/11/12

シンガポール航空が客席のリニューアルを開始した。より快適なフライトを提供する新コンセプトで全クラスの席がリニューアルされるが、なかでも目を引くのが新たなスイートクラス。

ほとんどホテルの部屋

スイートクラスは、同社のエアバスA380が提供する独自のキャビンクラス。ファーストクラスの上に位置づけられている。

今回のリニューアルは4年がかりで計画され、85,000万ドル(約97億円)の予算が割り当てられているそうだ。

新たなスイートクラスがどのようになるかというと、ほとんどホテルの部屋といっていい。

No image

a380.singaporeair.com

これまで12あったスイートクラスキャビンが6つに減り、そのぶん、1つのキャビンが格段に広くなる。

シンガポール航空によれば、「プライベートな空間を独占してもらうことを重視した」とのこと。

自動で回転する革張りチェアや、32インチHDディスプレイ、電動で上げ下げできるブラインド、フルサイズのベッドが備わっている。

2つ繋げてダブルの部屋にも

このスイートクラスは基本的に1人部屋だが、カップルで利用するときは2つを繋げてダブルの部屋にすることができる。壁を取り払い、2つのベッドを合わせるとキングサイズのベッドになる。

No image

a380.singaporeair.com

専用トイレも贅沢

こんな贅沢なスイートクラスには、もちろんそれに応じた専用のトイレがついている。ライトアップされた化粧鏡や陶器製のシンク、木調のパネルという洒落たデザインだ。

No image

a380.singaporeair.com

残念ながらシャワーの設備まではついていない。

12月18日から運行開始

この新スイートクラスは、12月18日、シンガポール—シドニー間のエアバスA380でデビューする。当面は5機でしか提供されないが、最終的には全てのA380で利用可能になる予定だ。

料金についてはまだ発表されていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
あの89歳自撮り婆さん「西本喜美子」の展覧会が開催される!相変わらずシュールと話題に
だらしない夫にもう限界! ストレスが激減したわたしの選択【崖っぷち主婦の赤裸々ダイアリー 第2話】
室内「エアーなわ跳び」でダイエット。でもブラジャーには注意して!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加