ダレノガレ、カヌー薬物混入問題「モデルの世界でも嫉妬はある」

ダレノガレ、カヌー薬物混入問題「モデルの世界でも嫉妬はある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

モデルでタレントのダレノガレ明美(27)が14日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。ライバルの飲料に禁止薬物を混入するという、カヌーの選手間で起きた前代未聞のスキャンダルについて言及した。

No image

モデルでタレントのダレノガレ明美

番組では昨年9月のスプリント日本選手権に出場した鈴木康大(32)が、大会中に後輩・小松正治(25)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入させた問題を特集。鈴木が五輪に出場したい気持ちから他にもライバル選手の妨害をしていたことも取り上げられた。

意見を求められたダレノガレは「全然一緒ではないんですけど」と前置きした上で「モデルの世界でも嫉妬はある」と切り出し、「広告を奪いたいがために、(ライバルを)太らせるように何かと食べさせてくるモデルがいた」と明かした。「だから、このニュース見て、懐かしいと思った」と感想をもらすと、MCの「爆笑問題」太田光(52)は「これが懐かしいって…」と苦笑いを浮かべていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高校選抜の柱にU-19代表も注目?MF田部井涼は自身の変化実感し、質と幅を向上させる意欲
高校選抜FWはJリーガー、年代別代表の名並ぶ“最激戦区”。唯一両方に属さないFW荒木が突破と走りで存在感
遠藤保仁、ゲームメイカーの必要性を確信「いないならやろうか?」
森保監督 クラブでポジション奪え!U21イレブンに“宿題”
故郷レッズから宿敵ガンバへ...矢島慎也、不退転の決意「どこか慣れ親しんだ環境で...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加