【格安スマホまとめ】ソフトバンク版iPhoneで使える通話SIM発売! SBの半額をアピール

【格安スマホまとめ】ソフトバンク版iPhoneで使える通話SIM発売! SBの半額をアピール

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/08/14

格安SIM、格安スマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は日本通信が、ソフトバンク網を用いてSIMロックがかかったソフトバンク版のiPhoneでも利用できる音声SIMのサービス詳細を発表した。

No image

月1GBのプランでソフトバンクと比較して、約半額になるとしている

これまでデータSIMのみだった 日本通信のSB版iPhone向けSIMに音声SIMが!

SIMロックがかかったソフトバンク版iPhoneでも使える格安SIMを日本通信が発売したのは今年3月。すでに月額払いとプリペイド型の両方が用意されているが、ともにデータSIMのみ。070/080/090番号で音声通話ができるSIMはまだ登場していなかった。それが通話サービスについても日本通信とソフトバンク間で合意したとのことで、8月16日に「b-mobile S スマホ電話SIM」として音声SIMが発売される(MNPの転入受付は22日から)。

サービス内容は、月1~5GBのデータ通信と1回5分までの国内通話定額(超過分は30秒あたり税抜10円)がセットになっており、月1GBプランで税抜月2450円とソフトバンクの同等プランの半額であることをアピールしている。その後は月1GB増やすごとに月250円アップ。月5GBプランは税抜月3850円。通信量を使い切った後は200kbps。また、200kbpsでの通信時に3日360MB以上の利用した場合でのみ通信速度の制限を予告している。なお、最低利用期間と解約金は設定されていない。

No image

対応しているiPhoneは、ソフトバンク版を含む、iPhone 5以降。ただしテザリングは利用不可。iPhone 6s以降はSIMロック解除も可能なため、旧機種のユーザー中心になるだろうが、ソフトバンク版iPhoneを使っていて格安SIMに移りたくても移れなかった人には待望の存在になりそうだ。

月1000円前後の人気格安データ通信サービス(税込) (音声通話付きのSIMは前回分をクリック)

月1500~2000円台の人気格安データ通信サービス (すべて税込)

※1:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Windows 10ミニTips (208) OneDrive、どれが速い? - UWP版、Web版、Win32版を比較
「Firefox 55」正式版がリリース、WebVRに対応しパフォーマンスも劇的に向上
今すぐブラウザ上で本格的な数式やグラフまで描くことが可能なオンライン数式エディタ「Mathcha」
スマホをゲームボーイにする魔法のカバー「SmartBoy」が、ついに発売!
スマホを8の字に回すと何が起こる? その理由は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加