幸せな「結婚生活」を送る秘訣【崖っぷちアラサーOLが結婚するまで#16】

幸せな「結婚生活」を送る秘訣【崖っぷちアラサーOLが結婚するまで#16】

  • nosh.media
  • 更新日:2016/12/01
No image

出典:shutterstock

仕事はそこそこ順調であるものの、プライベートはあまり充実しておらず、彼氏いない歴もそろそろ3年。会社と自宅を往復するだけの毎日で、男性との出会いも全くないまま、ついに先日、年齢も30歳の大台に……。

そんなアラサーOLである崖っぷちA子が、素敵な結婚を手に入れられるように、出会いからゴールインまでの秘訣を紹介していく新連載「崖っぷちアラサーOLが結婚するまで」。

前回は、「男性に“プロポーズ”させるテクニック」という記事をお届けしましたが、最終回の今回は幸せな結婚生活を手に入れる方法に関してです。幸せな「結婚生活」を送る秘訣について紹介します。

■「当たり前」だと思わない

結婚生活を送り、毎日一緒に過ごしていると、相手が自分のためにしてくれたことも、「当たり前」のように感じてしまいやすいです。でも、お互いに感謝をする気持ちは常に持っておかないと、いずれぶつかってしまう可能性も出てきます。

「ありがとう」という感謝の気持ちは、いつでもちゃんと口に出して言うようにするべきでしょう。やってくれて当たり前ではなく、やってくれてありがとうという気持ちで過ごしていかないと、長い間ずっと一緒にいることはできなくなってしまうでしょう。

■「ひとりの時間」もちゃんと持つ

長い結婚生活を共に過ごしていくのに、常にずっと一緒にいたら、お互いに確実に息が詰まってしまうでしょう。たまにはひとりになって、自分の時間を持つことも。とても大事になってくるでしょう。

特に男性は、自由を奪いすぎてしまうと、自由を求めて別の女性のもとへと飛んで行ってしまったりもするものです。適度に自由な時間も与えてあげておくことが、円満にずっと仲良くやっていける大きな秘訣であると言えるでしょう。

■時には「男と女」になる

結婚して夫婦になると、恋人同士の頃のような「男と女」というような関係性ではなくなってしまうものです。特に、子どもができたりすると、育児に追われる日々となりますし、男と女ではなく家族になっていくものでもあるでしょう。

ただ、そんな中でも、たまには「男と女」に戻ることも大事です。ちゃんとデートをしたりするような時間も持つことで、お互いの愛も深まっていくはずです。月に一度でもいいので、ふたりだけで外で会う時間を持ったりすると、いつまでも仲良くいられるでしょうね。

■「他人」と比べすぎない

結婚して家庭を持つと、よその家庭と比べたりもしてしまいやすいです。しかも大抵の場合、「あの家庭に比べるとウチは…」といったように、悲観的な考えになってしまうことが多いです。

隣の芝生は青く見えるものですし、どうしても他人のことは羨ましくも見えてしまうものです。にも関わらず、比べてばかりいたら、いい結果は何も生み出しません。そんなことよりも、自分たちが楽しく過ごせるように考えることに重点を置いた方が絶対にプラスに働くはずですよ。

幸せな「結婚生活」を送るためには、やはりお互いへの思いやりが何よりも一番大切になってきます。お付き合いしているうちから、思いやりの感じられるような男性であれば、夫婦になってもきっと楽しくずっと一緒にいられるでしょうね。

「崖っぷちアラサーOLが結婚するまで」は今回で最終回です。「結婚をしたい」と考えている女性は、もしよかったら参考にしてもらえるとうれしいです!

【画像】

※ Hrecheniuk Oleksii/shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゆ...指を!? ベッドで「女が男にお願いした」ブっ飛びリクエスト3つ
男ウケがよくても...「合コンに呼ばれない女子」の特徴4つ
最近の若い子...ヤバいっ!年下から教わった「新しいエッチ」2つ
思わずギューっと抱きしめたくなる!最強ツンデレフレーズ5選
可愛すぎてイジメたい!男性がちょっかいをかけたくなる女性の特徴5つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加