欧州為替:ドル・円は一時112円19銭まで下落、米長期金利が低下

欧州為替:ドル・円は一時112円19銭まで下落、米長期金利が低下

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/11
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は朝方付けた本日安値を下抜け、一時112円19銭まで下落。足元は安値圏での推移が続いている。米10年債利回りが2.34%台まで低下しており、ドル売り優勢となった。ユーロ・ドルも一時1.1845ドルまで上昇した。欧州株はスペイン株が大幅反発しているが、その他は高安まちまち。米株式先物は小幅安になっている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円19銭から112円33銭。ユーロ・円は132円66銭から132円97銭、ユーロ・ドルは1.1817ドルから1.1845ドルで推移。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱 デリカD:5 がついにモデルチェンジへ...10年超のロングセラー
ビットコイン、再び分裂か―「ビットコインゴールド」誕生、ただでもらえる可能性も
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
データ不正で「火に油」 神戸製鋼所トップの不用意発言
ドコモ、新たに長期利用者の優遇を強化する方針~18年5月以降
  • このエントリーをはてなブックマークに追加