女子ゴルフ・佐伯三貴&一ノ瀬優希が引退表明 けがに苦しみ決断

女子ゴルフ・佐伯三貴&一ノ瀬優希が引退表明 けがに苦しみ決断

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/25
No image

引退を表明した佐伯(2013年撮影)

女子ゴルフの佐伯三貴(35)と一ノ瀬優希(31)が18日、それぞれ所属事務所を通じて一戦を退く意向を表明した。前週の伊藤園レディースを最後に引退した29歳の大江香織に続き、ベテラン選手が今季限りでツアーから離れることになった。

通算7勝の佐伯は「2度のけがと手術を経験し、近年では万全の体調で試合に臨むことが難しくなり、決断に至りました」と説明。今後は母校の東北福祉大ゴルフ部で育成に携わるとした。今季賞金ランクは前週終了時で69位。通算3勝の一ノ瀬は同80位で、2勝を挙げた14年以降はけがに苦しんだことを明かし、「選手としての活動に一区切り」との談話を発表した。

ともに21日開幕の大王製紙エリエール・レディース(愛媛)が最後の試合となる見込み。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
石川遼 今年の漢字は泥「泥くさく食い下がった結果優勝できた」
最高も最低も同じ大会 吉本ひかるが一番に選んだのはどっち?【女子プロが選ぶ“今年の一打”】
渋野日向子「何も学んでない」「謎」.../語録
松山英樹の安定感は相手にとって「めちゃくちゃやりにくい」【丸山茂樹のプレジデンツカップ 】
渋野日向子がGTPA表彰2部門を“ダブル受賞” 新人賞には原英莉花、河本結らも選出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加