草刈正雄 緻密な演技に白旗!?アフレコで四苦八苦

草刈正雄 緻密な演技に白旗!?アフレコで四苦八苦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

ケネス・ブラナー演じるポワロ(後方右)に合わせてひげを付けて登場した草刈正雄=東京・墨田区のSD.Sスタジオ

俳優の草刈正雄(65)が14日、都内で行われた映画「オリエント急行殺人事件」(12月8日公開)の公開アフレコに出席し、主人公の名探偵エルキュール・ポワロを演じた英俳優ケネス・ブラナー(57)の演技を絶賛した。

同作の日本語吹き替え版でポワロ役を演じた草刈は、膨大なせりふ量に苦戦したことを告白。「今まで、吹き替えでこんなに(量が)あるかなっていうくらい。ケネス・ブラナーさんがものすごい早口でまくし立てるんですよ」と振り返った。

ブラナーの演技には刺激を受けたようで「とにかく緻密なんです、お芝居が。すごくいい勉強になりました」と絶賛した。俳優は“緻密派”と“ざっくり派”に別れるという持論を展開した上で「ぼくは“ざっくり派”なんで、もうちょっと緻密にやらないとって思いましたね」と考えを改めていた。

同作は英国の小説家アガサ・クリスティーの代表作の実写化。トルコのイスタンブールからフランスへ向かう豪華寝台列車内で起きた殺人事件を捜査するポワロの姿が描かれている。被害者役をジョニー・デップ(54)が演じるなど、出演者は豪華スターがズラリと並んでいる。

1975年に日本で公開された、前回の映画化作品を見ていたという草刈は「あの時とは違ってます。アレンジされてますし、ポワロのアクションもありますから」と新作をアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベストセラーコミックが遂に実写化、山田涼介が主演「鋼の錬金術師」
何が始まろうとしているのニャ? 「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き」の応援上映イベントが豊洲で決定
「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る
ソダーバーグ流映画の作り方&スタジオに頼らない新たな映画ビジネスとは?
AV業界で生きる男女描く「名前のない女たち うそつき女」公開、吹越満が主演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加