「日本で人気の博物館・美術館ランキング」が興味深い! 「サムライミュージアム」「いのちのたび博物館」などが世界の旅行者に人気

「日本で人気の博物館・美術館ランキング」が興味深い! 「サムライミュージアム」「いのちのたび博物館」などが世界の旅行者に人気

  • Pouch
  • 更新日:2017/10/13
No image

芸術の秋ですねぇ。美術館や博物館は日本全国にあるので、秋の行楽シーズン中に足を運んでみたいと考えている方もいるのでは?

そんなときに参考になりそうなのが、「トリップアドバイザーの口コミで選ぶ 世界の人気博物館・美術館2017」です。

世界中の旅行者の口コミ評価をもとに、美術館および博物館をランキング化。日本国内、そして世界各国にある美術館と博物館の中で人気を集めたのは、どんな場所なのか。あなたも気になりますよね?

【国内1位は広島平和記念館!】

それではさっそくランキングのチェックへとまいりましょう。サクッといけちゃう国内篇を中心にご紹介いたします。なかにはあまり聞きおぼえのない場所もあって、海外の人はこんなところに観光に行くのだなと興味深いです!

1位 広島平和記念資料館(広島県広島市)
2位 箱根彫刻の森美術館(神奈川県箱根町)
3位 サムライ ミュージアム(東京都新宿区)
4位 東京都江戸東京博物館(東京都墨田区)※2018年3月末まで改修工事で閉館
5位 長崎原爆資料館(長崎県長崎市)
6位 トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)
7位 千住博美術館(長野県軽井沢町)
8位 ひめゆり平和祈念資料館(沖縄県糸満市)
9位 北九州市立いのちのたび博物館(福岡県北九州市)
10位 三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)

東京都内にはたくさんの美術館や博物館があるけれど、都内でランクインしているのは3カ所だけなんですねぇ! 改めて、全国にある美術館、博物館の数に驚かされます。

【戦争の記憶を伝える場所に注目が集まる】

見逃せないのは、1位と5位、そして8位。1位の広島平和記念資料館に関しては、2016年に訪問したオバマ大統領の折り鶴とメッセージを見に行ったという声も多かったとのことで、影響力の大きさがうかがえます。

第二次世界大戦の記憶を肌で感じることができる場所が3カ所もランクインしたのは非常に印象深く、世界中の旅行者から高い評価を得た事実は、感慨深いものがありますよね。今年で戦後72年、忘れてはいけない記憶がたしかに生き続けていて、わたしたちが引き継いでいかなければならないのだと強く実感せざるを得ません。

【気になる場所がたっくさん♪】

そのほかにも魅力的な場所はたくさんあって、2011年にオープンしたばかりの7位の千住博美術館では、作品と建築が一体となった空間の中で日本画を鑑賞することができるのだそう。建物全体がアートのようだと評されているらしく、軽井沢に行くならぜひ立ち寄りたいものです。

No image

恐竜好き、大きいモニュメントが好きだという方には、9位の北九州市立いのちのたび博物館へ。

福岡県にある西日本最大級の自然史・歴史博物館には多くの古生物の全身骨格が展示されているのだそうで、目玉は2体のティラノサウルス! 入場料が500円とリーズナブルなのも、ありがたいかぎりです♪

No image

ちなみに3位の「サムライミュージアム」は聞きなれない名前ですが、歌舞伎町のど真ん中にある鎧や刀剣を飾っている美術館なのだとか。こちらはPouchの兄弟サイトロケットニュース24でも紹介しているので気になる人はぜひチェックしてみて。

【アジア&世界で人気の場所はどこ?】

トリップアドバイザーはそのほか「アジアの人気美術館・博物館 トップ10」と「世界の人気美術館・博物館 トップ10」も発表しておりまして、それぞれの1位は戦争証跡博物館(ベトナム、ホーチミン市)とメトロポリタン美術館(アメリカ、ニューヨーク州)でした。

そのほかランキング知りたいあなたは参照サイトをチェック! 美術館や博物館への訪問をする目的で旅先を選ぶのも、楽しそうですねっ。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
精神科医に聞いた!「テンパる」とミスしやすいの違いは
痴漢常習者の歪んだリアル―標的になる“泣き寝入りしそう”な女性とは...
取り間違えと盗みを防ぐ 持ち手がカスタムされた「盗まれにくい傘」が“キモい”ナイスアイデア
ADHDの息子が、保育園で「つるし上げ」にあった日
男がゾクッとする!「鳥肌の立つほど魅力的な女」のテクニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加