宮下遥「周りを生かせるように」Vリーグへ意気込み

宮下遥「周りを生かせるように」Vリーグへ意気込み

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/18
No image

会見に出席した(右から)江畑、宮下、竹田、田代

バレーボール女子のVリーグが29日に開幕する。

17日、開幕に向けた会見が東京・池袋サンシャインシティ内で行われた。世界クラブ選手権(フィリピン)に参加している昨季覇者の久光製薬を除く7チームの監督と選手数名が出席した。

今夏のリオデジャネイロ五輪を終え、2020年東京五輪に向けた初めてのシーズンとなる。リオ五輪を経験した岡山シーガルズのセッター宮下遥(22)は「たくさんの選手が出場するチームなので、周りを生かせるようにしたい」と、優勝に向けた意気込みを語った。

会見の最後には、見学に訪れたファンからの質問コーナーが設けられた。「(試合後に)会場で出待ちをしている人からもらってうれしいものはなんですか」という意外な質問を投げかけられた宮下は、照れ笑いを浮かべながら「果汁100%のフルーツジュースがありがたいです。オレンジかリンゴがいいです」と答えていた。

宮下がプレーする岡山シーガルズは30日、9月のアジアクラブ選手権(フィリピン)で優勝したNECと対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『相棒』の頃から異変が... 成宮寛貴「薬物疑惑報道」の背景
「小学校に入学するときの自分と、高校を卒業するときの自分を並べてみた...」比較写真いろいろ
「彼女にはしたくない...」男性がセフレを恋愛対象として見れない5つの理由
「大きいお尻」VS「小さいお尻」 結局男性が好きなのは......?
あなたは気づける? 2分半の動画に隠された「本当のメッセージ」に顔が青ざめる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加