睡眠には“まくら”より“タワシ”が向いている!? 伊勢丹新宿監修、睡眠に特化した「熟睡用たわし」が登場

睡眠には“まくら”より“タワシ”が向いている!? 伊勢丹新宿監修、睡眠に特化した「熟睡用たわし」が登場

  • MdN
  • 更新日:2018/05/09
No image

“約10分で眠らせる頭ほぐし”で人気のもみほぐし専門店「悟空のきもち」を運営する株式会社ゴールデンフィールドでは、5月9日、睡眠に特化したたわし「熟睡用たわし」を発売すると発表した。価格は9,800円(税抜)。伊勢丹オンラインのみでの発売となる。

同社では、頭と睡眠の関係を研究する過程で、入眠や睡眠中、起床後の爽快感など、どの面で見ても「まくら」より「タワシ」が優れているという考えに至り「睡眠用たわし」を制作。上質な寝具として「たわし」を確立するため国内最高峰百貨店・伊勢丹新宿に改良・監修を依頼し、約半年の試行錯誤を経て完成したのが、この熟睡に特化した「熟睡用たわし」である。

「たわし」が睡眠に向いている点としては、まず圧倒的な通気性を誇ることである。古くから頭寒足熱というように、頭部は適度に冷やした方が心地よく、起床後ボーッとする人、寝ぼける人は温めすぎであるとのこと。たわしは通常の枕と比べると-5℃温まりにくい。

No image

また、みほぐし専門店「悟空のきもち」の寝落ちメソットによると、寝つきをよくするためには、頭皮を適度にいじめるのが有効とのこと。これをたわしで再現し、さらに毛1本1本が均等に頭を支えることにより、従来の枕にはない理想的な体圧分散を実現している。

No image

そしてたわしは本来「洗うもの」。シャワーでじゃぶじゃぶ洗える清潔さも寝具向きである。入眠速度はもちろん、起床後の爽快感もやみつきになるという「熟睡用たわし」。一見奇抜すぎるような気もするが、一度試してみたいと思う人も少なくないのではないだろうか。

No image

使用例

株式会社ゴールデンフィールド
URL:https://goku-nokimochi.com/tawashi.html
2018/05/09

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
何が子どもの白血病を引き起こすのか?を過去30年の様々な研究から分析した研究者が発表
無残にも奪われた“女の幸せ”。「赤ちゃんは、ママを悲しませたくない」の本当の意味
性教育問題:簡単にエッチすんなよ!
【埼玉の桃源郷】マジで運転免許センターしかないと有名な町「鴻巣(こうのす)」で市民に名所を聞いてみた結果...
尾道はオシャレ度高め!女子旅1日観光モデルコース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加