MITの新しいチップはニューラルネットワークを電池駆動のガジェットの上でも動かせる

MITの新しいチップはニューラルネットワークを電池駆動のガジェットの上でも動かせる

  • TechCrunch
  • 更新日:2018/02/16
No image

MITの研究者たちが開発したチップは、ニューラルネットワークをスピードアップするとともに、その消費電力を最大で95%も引き下げる。その基本的なコンセプトはチップの設計を単純化して、チップ上の複数のコンピューター間のデータの行き来をなくすことだ。

MITの院生Avishek Biswasのチームが開発したこの新しい方法の利点は、ニューラルネットワークをスマートフォンや家電製品やそのほかの機会器具類の上で動かせるので、膨大な電力を消費するサーバーが要らないことだ。

それがなぜ重要なのか? つまりそうなると、このチップを使っている未来のスマートフォンは、高度な音声認識や顔認識などを、ニューラルネットワークやディープラーニングをローカルに動かして実行できる。原始的なルールベースのアルゴリズムを使わずにすむし、データをクラウドに送って処理の結果をもらうことも、する必要がない。

センサーがデータを集めている現場で、必要なデータ処理をすべて行うことを、‘エッジにおけるコンピューティング’、エッジコンピューティングと呼ぶが、それが一般企業のレベルで実用段階になりつつある。この新しいチップ設計の方法は、今成長中の機会がさらに商用化大衆化していくとき、業界に大きなインパクトを与えるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イオンモバイルが月額480円でau回線も利用できる格安SIMを発売
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで最大80%以上オフも! JBLのBluetoothスピーカーや軽量・超薄型モバイルバッテリーがお買い得に
史上最悪規模のDDoS攻撃 「Mirai」まん延、なぜ?
楽天携帯、いきなり時代遅れ。設備投資たったの6000億で関係者も失笑
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで81%以上オフも!「精密ドライバーセット」や「温冷アイマスク」がお買い得に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加