iPhone XのFace IDに登録できる顔は1人だけ。複数ユーザーの使用は想定せず?

iPhone XのFace IDに登録できる顔は1人だけ。複数ユーザーの使用は想定せず?

  • Engadget
  • 更新日:2017/09/17
No image

iPhone Xの顔認証システム「Face ID」は、1台につき1人の顔しか登録できない仕様となっていることが明らかになりました。

これは先日の新製品発表イベントの現場でアップルの担当者と話した複数のユーザーから報告されたことで、米TechCrunchが独自取材でアップルに確認して裏付けを取った格好です。「Face IDに登録できるのは1人のみ」につき公式の説明はありませんが、Touch IDでは全部で5つまで指紋が登録でき、複数のユーザーが使えたのになぜ? アップルの方針が変わったのか、と疑問が浮かぶはず。

Touch IDの場合、指紋は一人につき複数あり、左右どちらのポケットに入れているのか、どんな手袋をはめているか......といった環境により「使いやすい指」は異なります。そうした「一人のため」の仕様が、親しい人や家族の指紋を登録することに"たまたま"転用されたに過ぎないとも考えられるでしょう。

が、ふつう顔は1人につき1つしかありません。Face IDはただ画面を覗き込めばよく、マスクやヒゲ、老化などの変化に影響を受けないとされるため、「複数の顔」を登録できる必要はないと割り切られたのかもしれません。

「Face IDに登録できる顔はたった一人」の仕様は、まさに先日の発表会のプレゼンでFace IDが上手く動作せず、世界に向けて「失敗した」印象を与えた事件と深い関わりがありそうです。

アップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏は、iPhone Xの画面に 顔を向けてアンロックを試みたものの反応せず。さらに、もう一度Face IDにトライしたところ、今度はパスコード入力画面が登場。

ここでフェデリギ氏はバックアップ機に乗り換えてFace IDデモに成功。上手く乗り切れた......と株式市場は見なさなかったようで、アップルの株価はいきなり下がりました(たまたまタイミングが重なったに過ぎず、因果関係はないかもしれません)。

No image

この件につき、後にアップルは米Yahoo!に公式に声明を発表。

その趣旨は、「デモの直前にスタッフの誰かがiPhone Xを覗き込んだとき、Face IDが起動。しかしフェデリギ氏本人ではなかったために認証に何回か失敗。その後にパスコード入力を求めるのは仕様通りの動作」とのこと。

つまり、失敗どころか成功。Face IDが正常に動作していたからこそ、何回かの認証失敗の後にパスコード入力画面が表示された、というのがアップルの言い分です。

その主張が正しかったとして、では他人が何回か覗き込めば本来の所有者もパスコード入力しなければならず、Face IDの便利さが損なわれるのでは?という疑問が一つ。

また、この仕様とともにFace IDを他のアップル製品にも拡張していく方針であれば、家族や組織の中でMacやiPadを共用しているユーザー達には歓迎されなさそうです。

いずれにせよ、Face IDがアップル社内から世界の荒海に飛び込むのはこれからのこと。ユーザーの声に耳を傾け、より実用的な仕様に変わっていくのかもしれません。

iPhone 8やiPhone Xの関連情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
主要格安SIMサービス、「iOS11」のSIM動作確認結果を公開
新型のプレミアムiPhone「iPhone X」発表
【衝撃事実】iOS11には「iPhoneSE」で使えない新機能がある! その理由が意外すぎてアップルに脱帽
iOS 11とiPad Proの組み合わせは至高。使い勝手の良さをGIFで解説
【iPhone8】新色は “ブラッシュゴールド” 確定か / Apple公式の意味深な発表に「信憑性が高まった」と大注目!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加