デューク更家語る強運の秘密「少年時代から“龍神”と交流」

デューク更家語る強運の秘密「少年時代から“龍神”と交流」

  • 女性自身
  • 更新日:2017/09/16
No image

関連書籍なども次々と発売され、大ブームとなっている「龍神」。古来より、金運を招く神様ともいわれており、なんとしてでもお近づきになりたいもの!そんななか、ウォーキングダイエットでおなじみのデューク更家さん(63)が「ドラゴンウォーキング」なる新メソッドを編み出していたことが明らかに! セミナーも定期的に開催しているという。実はデュークさんは、少年時代から龍に強い関心を持っていた。

「僕は昔からヘンな子でね(笑)、小さいときから龍雲が見えたり、龍の気配を感じていたんです。いつも神社を遊び場にしていたので、神事が生活そのものに溶け込んでいたんやね」(デュークさん・以下同)

独自のウォーキング法で一躍有名になってからも、毎月1日には浅草寺へのお参りを欠かさないなど、神・仏の隔てなく「見えない力」への畏敬の念を忘れていないデュークさん。気づけば自宅にはお不動様から観音様など、さまざまな仏像やご神体であふれかえるようになったという。

「そのなかでも特に身近に思えたのが、子どものころから存在を感じていた龍。龍に関する本を読みあさって勉強し、家の中にも龍神様をお祭りして、毎日水を供え、祝詞をささげるようになったんです。人生の成功には運と実力が必要ですが、僕は運が75%を占めると思っています。いわば『神様に愛されること』が必要で、僕にとっては、それは龍神でした。龍は人間の世界と神の世界を自在に動く生き物で、僕は“神様の使い”だと考えています。これまで事業の失敗などいろんなピンチがありましたが、乗り越えてこられたのは、いつも龍がそばにいてくれたからでしょうね」

その後、ウォーキングセミナーを開講し、生徒たちからさまざまな相談を受けるようになると、“龍の力”を世に広める必要を感じるようになったという。そこで編み出したのが「龍歩=ドラゴンウォーキング」だった。

「道教の書には『開闢龍歩』といった言葉も出てきます。ただ実際の歩き方についての説明はないので、僕のメソッドを取り入れて考案しました。3つの歩き方のうち、『仙骨鶴歩』は鶴やけど、女性向けに、ダイエットに効く鶴の動きも取り入れました(笑)。仙骨(※脊柱の下部の骨)は僕のウォーキングの要やし、『仙骨鶴歩』も道教の書にあるんやで!」

「龍の永続性」を表した“∞(無限)”をかたどり、龍になりきることで龍神のパワーを身体に取り込むというこのウォーキング。昇り竜のごとく、金運と健康運を上昇させるだけでなく、全身の筋肉を使うことで、エクササイズ効果もバッチリだという。さらに、ウォーキング以外にも龍神様とお近づきになる方法を聞いてみた。

「まずは龍神様のいる神社に行くことやね。小さな祠に祭ってあることも多くて、いろいろなところにあるので、近くの神社を探してみてや」

そのほか、自宅に龍の置物や絵を飾るのもオススメ。高価なものに限らず、お守りやマスコットでも御利益はあるという。

「最近は気持ちが暗くなるようなニュースばかりですが、そんなときこそ龍神様に乗っかって、運気も気持ちも上げていきましょう!」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【鼻血ブー】イスラエルの軍人さん色っぽすぎィィイイイ! 必殺技「悩殺」だけで将軍まで上り詰めるレベル!!
もう戻れない!「エッチ大好きにさせられた...」元カレのテク3つ
自動車整備士の最後の給与が手取り12万円弱...... 低賃金で辞めた事例が続々集まる
山田優、SNSに投稿した動画に非難殺到 「人としてどうかと思う」と厳しい声も
誰にも言えない!女子が赤裸々告白「ひとりエッチの体験談」3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加