『ジョーカー』壮絶減量でガリガリ...24キロ減の舞台裏写真

『ジョーカー』壮絶減量でガリガリ...24キロ減の舞台裏写真

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2019/11/19
No image

ガリガリ… - 画像はトッド・フィリップス監督Instagramのスクリーンショット

トッド・フィリップス監督が映画『ジョーカー』の舞台裏写真を自身のInstagramで次々と公開している。主演を務めたホアキン・フェニックスの壮絶減量ぶりがうかがえる、肋骨が浮き出るほどガリガリの1枚もある。

“悪のカリスマ”ジョーカーへと変貌することになる、社会から軽視されてきた貧しい大道芸人のアーサーをリアルに徹して描く本作のため、ホアキンは4か月かけて24キロの減量を敢行。2か月はワークアウトなどを自力で行い、残りの2か月は栄養士と共に「かなり特殊なカロリー制限のダイエット(ビタミン剤やミネラルは摂取するがカロリーは摂らない)」に取り組み、骨と皮だけのアーサーになっていった。人生に満足したことがなく愛と尊敬に“飢えた”アーサーの心境も、きつい減量をする中でつかんでいったという。

フィリップス監督が「舞台裏写真だよ」と公開した1枚は、ホアキンが上半身裸で、拳銃を持った手を頭上にあげた姿を切り取ったもので、彼の激ヤセぶりがはっきりと見て取れる。監督はこのほか最初のメイクアップテストでのビジュアルやアーサーの日記の中身、撮影時のオフショットなども投稿している。

世界で大ヒット中の『ジョーカー』は先週末までに世界興行収入10億ドル(約1,100億円)の大台を突破しており、これはR指定映画初の快挙となる。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)(編集部・市川遥)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
関ジャニ∞丸山隆平、6年ぶり連ドラ主演で“ダメ男”に<大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~>
ライアン・レイノルズ、デッドプールやピカチュウに続くハマり役!?映画『6アンダーグラウンド』
貧困、病気、格差、差別...骨太の社会派ミステリーで読む「現代の闇」
12月14日の注目映画第1位は『シン・ウルトラマン』
丸山隆平がドラマWで初主演、『超高速!参勤交代』コンビが描くダメ男のロードムービー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加