日本、男子400mリレーで世界選手権初のメダル ボルトはラストラン飾れず

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/08/13

陸上世界選手権の男子400メートルリレー決勝が2017年8月12日(日本時間13日早朝)、ロンドンで行われ、多田修平(関学大)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生祥秀(東洋大)、藤光謙司(ゼンリン)の日本が38.04秒のタイムで銅メダルを獲得した。

日本勢が男子400メートルリレーでメダルを獲得するのは大会史上初。

1位は37.47秒の記録を残したイギリスで、2位は37.52秒のアメリカだった。

今大会限りでの引退を表明しているウサイン・ボルト選手は、大会5連覇を目指すジャマイカの第4走者としてレースに臨んだが、途中で脚を痛めて途中棄権。現役最後のレースを、まさかの形で終えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
速度やセキュリティーを向上させよう! 自宅のWi-Fiを強化する10の方法
全裸のウッズ、マイリーの野ション、セレブの女性器どアップも......エロ画像が大量流出!
単純だけど!男性が「本気で惚れた女にだけ」すること・実話3つ
「アソコを舐めない男」とは別れよう!「舐める男」を見分ける方法
西内まりやが恋人と同棲し「音信不通」で芸能界引退へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加