新潮社社長「常識を逸脱した偏見」 杉田氏擁護特集でコメント

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/09/22

自民党の杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBT)は「生産性がない」などと月刊誌「新潮45」に寄稿し批判を受けた問題に対し、同誌が18日発売の10月号でさらに擁護する企画を掲載したことについて、新潮社の佐藤隆信社長が21日、公式サイトでコメントを発表した。

佐藤社長は今回の「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」のどの部分が問題なのかは明らかにはせず、「ある部分に関しては」として、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」と認めた。

その上で、「差別やマイノリティの問題は文学でも大きなテーマです。文芸出版社である新潮社122年の歴史はそれらとともに育まれてきたといっても過言ではありません。弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」とした。

謝罪の言葉などは含まれていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「とにかく気持ち悪い」有村架純主演『中学聖日記』に大批判の嵐!
“潜在人気”低かった!?吉岡里帆、主演映画に「席がガラガラすぎて怖い」の悲鳴
石田ゆり子が“大開脚秘部見え写真”を公開!こんなに大胆でいいの!?
HIKAKINの「ガキ使出演」にテレビ業界人が複雑な表情を見せるワケ
宮崎あおいと岡田准一に第1子男児が誕生 「素直に喜べない」の声があがるワケとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加