火口から2キロの範囲は噴石、火砕流に注意を 6年ぶり噴火の新燃岳

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/10/12

福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は12日午後4時30分、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=について、活発な噴火活動が続いており、火口から概ね2キロの範囲では、噴火に伴う、弾道を描いて飛散する大きな噴石、および火砕流に警戒するよう呼びかける解説情報を出した。

新燃岳は11日、6年ぶりに噴火。噴煙は12日午前10時50分から午後0時過ぎにかけて、火口縁上2000メートルまで上がった。

火山性微動の振幅は、12日午前7時ごろから増大。午後1時ごろから、やや小さくなったが、依然、消長を繰り返している。

午前11時ごろから、両気象台が新湯温泉付近で実施した現地調査では、新燃岳の西側斜面の割れ目付近と、割れ目の下方では、噴気の状態に特段の変化は認められなかった。地殻変動観測では、新燃岳方向が隆起する傾斜変動が継続している。

=2017/10/12 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
エスカレーターの車いす転落 後ろにいた女性が死亡
60人いた女性が10人ほどに かつて“売春島”と呼ばれた渡鹿野島はいま
2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加