2年目青木師ジョリルミエールで重賞初挑戦/京成杯

2年目青木師ジョリルミエールで重賞初挑戦/京成杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

青木孝文調教師(2015年12月10日撮影)

<京成杯:追い切り>

開業2年目の青木孝文師(36)が、ジョリルミエールで重賞に初挑戦する。「力まない方がいい。いつも通り。そう思ってますが、口を出しちゃうんでしょうかね」と笑った。

高校卒業後に浦河のBTC、ビッグレッドファームを経て、04年に美浦トレセンへ。調教厩務員時代には07年日経賞、09、10年のAJCCを連覇したネヴァブションを担当。「当時は24、25歳と若いこともあり、自分が自分が、って感じでしたね。でも今回はいろいろな人が関わっている。厩舎に勢いをつけたいし、重賞を使って、それ見たことかと言われないようにしないと」と気を引き締めた。

11日は坂路で4ハロン53秒1-12秒6。ラスカルグレイ(古馬500万)には少し遅れたが、動きは軽快だ。「これまでは13秒を切れなかった馬。勝ってからグンと良くなった。きっちり攻めたし、具合はこれまでで一番。この時期に重賞を使えるのは楽しいですね」。初重賞からクラシックへ。夢は膨らむ。【水島晴之】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
【衝撃】頭部は犬で躰は毛虫...超奇妙なエイリアン生物が激写される! キモすぎる動きと形に全世界騒然、研究者もコメント!
『カリオストロの城』を10倍楽しめる見どころ9選!「ゴート文字は実在する」「冒頭に五ェ門がいる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加