米情報機関トップが警鐘「北朝鮮へ警戒感緩めるな」

米情報機関トップが警鐘「北朝鮮へ警戒感緩めるな」

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカの情報機関の長官らが議会で証言し、平昌(ピョンチャン)オリンピックで融和ムードを演出している北朝鮮に対し、警戒感を緩めてはいけないと釘を刺しました。

アメリカ、コーツ国家情報長官:「金委員長は核搭載の大陸間弾道ミサイルを戦略的な悲願達成の手段と見ている。つまり、米韓の同盟を終わらせて最終的に朝鮮半島を支配するためのものだ」
アメリカの情報機関を統括するコーツ氏は13日に議会で証言し、「北朝鮮のミサイル実験が今年も続く」との見方を示したうえで、「どのように対応するのか決断の時が近付いている」と訴えました。また、コーツ氏とともに証言したCIA(中央情報局)のポンペオ長官は、平昌オリンピックでいわゆる「ほほえみ外交」を展開した金正恩委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)氏に言及し、「与正氏がプロパガンダの部門の責任者だということを忘れてはいけない」と警戒感を強めました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
篠崎愛の風呂上がり“全裸ターバン”暴露
大杉漣さん急死  ドラマ撮影後に腹痛訴え、松重豊の付き添いで病院向かうも...
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
【ネコの日】無印良品の「人をダメにするソファ」を猫が気に入った結果...悲劇が!
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加