USB給電ポートも新搭載!単3形充電池20本を素早く充電できる充電器『ENEROID EN20D』

USB給電ポートも新搭載!単3形充電池20本を素早く充電できる充電器『ENEROID EN20D』

  • @DIME
  • 更新日:2018/02/20

ケンコー・トキナーは、20本もの単3形充電池を手軽に素早く充電できる『ENEROID EN20D』の販売を2月16日より開始する。『ENEROID EN20D』は昨年発売した「ENEROID EN20B」に、USB給電ポートと時計表示機能を備えたモデルになる。価格はオープン価格。予想実勢価格は約1万9000円。

No image

エネロイドは多くの単3形充電池を手軽に素早く充電できる、革新的な充電器。充電池を上部から流し込み、ボタンを1回押すだけで急速充電し、保管する。20本もの充電池を一度に素早く入れることができるので、大量の単3形充電池を使用する業務用途にも最適だ。
シンプルなデザインで置き場所を選ばないため、家庭やオフィスでも置きやすい。単4→単3変換アダプター4本が付属し、単4形充電池も充電可能だ。今回発売される『EN20D』は、昨年発売された『EN20B』に時計表示とUSB出力端子を備えたデラックスタイプになる。

No image

主な機能としては、まず4つのスロットで4本の充電池を同時に急速充電が可能。上部に積み重なった電池は自動的に空のスロットに挿入され充電される。また一般的な充電器は電池の+-の方向を合わせて1本1本差し込む必要がありるが、エネロイドは電気的に電極を判別するため、+-を気にせず、20本もまとめて電池挿入室に入れることができるのだ。

充電完了した電池は1本ずつ自動的に下部の容器に保管される仕組み。充電後の電池を紛失したり、充電済みか見分けがつかなくなる心配は無用だ。また、電池を使い切らずに継ぎ足し充電を繰り返すと、一時的に電池の電圧が低くなる現象(メモリー効果)が起きてしまう。そこで『EN20D』を使って充電池をリフレッシュすることにより、メモリー効果による電圧低下を解消できる。

No image

USB出力端子を備えており、外部機器への給電に対応。USB出力は2A×1ポート、1A×2ポート。
※スマートフォン、携帯電話の一部機種は出力ポートによる充電ができない場合があります。

本体サイズは約幅92×高さ212×奥行き120mm、約640g(本体のみ)。対応電池は単3形ニッケル水素・ニカド充電池。充電時間の目安(ニッケル水素及びニカド単3形充電池4本の場合)/電池容量(例)950~1000mAh 充電時間の目安 約35~40分、電池容量(例)1900~2000mAh 充電時間の目安 約60~80分、電池容量(例)2400~2500mAh 充電時間の目安 約75~100分。

関連情報

http://www.kenko-tokina.co.jp/newproducts/eneroid-en20d_201802.html

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonが「タイムセール祭り」開催するよ~!
日本人が「皮膚ディスプレイ」を開発! 5年後にスマホが消えるという予言が現実に!?=中国メディア
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! USB充電付き4個口電源タップやLEDクリップライトがお買い得に
「モノのサービス化」から見えてくる常識の大転換
自転車並みの速さ! バッテリーで滑るように動く「Turbo Jetts」登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加