田嶋幸三会長、シーズン春秋制→秋春制へ移行訴える

田嶋幸三会長、シーズン春秋制→秋春制へ移行訴える

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

田嶋幸三会長(2016年12月22日撮影)

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)が14日、東京・文京区のJFAハウスで開かれたJリーグ実行委員会に出席し、シーズン制移行を訴えた。

現行の春秋制(春開幕秋閉幕)を、22-23年シーズンからの秋春制(秋開幕春閉幕)移行に、各Jクラブ代表者に同意を求めた。

各実行委員からは、降雪、スタジアム確保、スポンサー問題など、問題がクリアされないことから、反対の意見が多かった。田嶋会長は21日のJリーグ理事会にも出向き、シーズン制移行を主張する予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千葉、7連勝で昇格PO大逆転進出。ときに監督を無視、奇抜な戦術をモノにしたジェフの躍動【西部の目】
川崎、鹿島の試合なしV阻止!シュートの雨で勝ち点3もぎ取った
エンゼルス オースマス氏がGM特別補佐に就任 前タイガース監督
浦和vsアルヒラル、埼スタ決戦前に差別&レーザーの遺恨勃発!
ACL“日本人最多得点FW”が切望する王者の称号 「そろそろ嬉しい思いをしたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加