最新ランキングをチェックしよう
なぜ今、企画展「1968年」を開催したのか? きっかけはダンボール50箱の資料...

なぜ今、企画展「1968年」を開催したのか? きっかけはダンボール50箱の資料...

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/17

日本大学の学生が全共闘運動に使用したヘルメット(国立歴史民俗博物館蔵)(写真:国立歴史民俗博物館提供)

 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が企画展示「『1968年』─無数の問いの噴出の時代─」を開催中だ。約50年前の「政治の季節」が異彩を放つ。【写真はこちら】三里塚闘争で空港反対同盟が使用したタスキや鉢巻きなど 憲法、安全保障、民主主義……。日本社会で今問われている課題と、半世紀前の社会運動の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コンビニに逃げた妻を日本刀で刺し殺害
コロナパニックのイタリアのスーパーで売れ残っていたあるものとは?
白石麻衣「美しすぎる谷間とキス顔」神ショットを連投!
「靴下の痕」は心不全の恐れ。危険な4つの症状と疑われる疾患
石原さとみ あまりに自然、可愛らしいアドリブ連発に釘付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加