米伝統のドッグショー、今年はビションフリーゼに栄冠

米伝統のドッグショー、今年はビションフリーゼに栄冠

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/14
No image

米ニューヨークで開かれた、毎年恒例の「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」で最高賞を受賞した、ビションフリーゼの「フリン」(2018年2月13日撮影)。

【AFP=時事】米ニューヨークで12、13日の両日、今年で142回目を迎える毎年恒例の「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」が開催され、「フリン・ベスト」と名付けられたビションフリーゼが見事優勝を果たした。

マディソン・スクエア・ガーデンで行われた大会でフリンは、会場内をほほ笑むような表情で駆け回った。

フリンのハンドラーであるビル・マクファーデンは優勝が発表された直後、パートナーを抱きかかえながら「ちょっと信じられない。まさに魔法のようだ」と語った。

ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショーには全米各地、さらには海外から約2800頭のイヌが参加し、主催者が定めた犬種の特徴と比較しながら審査が行われる。また動作の他、警戒した様子や喜んだ様子などを表情で伝えられているかといった観点で評価される。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉田麻也、靱帯負傷で離脱「残念ですが更にパワーアップして帰ってきたい」
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
香川真司不在のドルトムントが公式戦4連勝。監督交代から無敗を維持
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加