緒方監督、V待ち阪神戦観戦「何とも言えない時間」

緒方監督、V待ち阪神戦観戦「何とも言えない時間」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

9回、投手交代を告げる緒方孝市監督(撮影・上田博志)

<広島5-4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

広島は2度、同点に追い付かれながら、8回にバティスタの決勝犠飛でマジックを1とした。試合終了後はファンとともにマツダスタジアムの大型スクリーンに映し出された甲子園での阪神巨人戦を観戦するも、優勝は持ち越し。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

-今日も打線が活発だった。

緒方監督 本当にすごい試合。ひっくり返されても最後まで諦めず、今年の試合をそのままやってくれた。本当に終盤はピンチの連続だったけど、最後の力を振り絞って、詰めかけているファンの声援を受けて投手陣が踏ん張ってくれた。

-マジック1となった。

緒方監督 こっちはやることはやって、待つだけだった。今日決まれば良かったけど、相手も最後に意地を見せた。また勝って決めたい。

-阪神戦の結果を待つ時間は?

緒方監督 なかなかないことだよね。何とも言えない時間だった、待っている時間は。

-次の試合は自力で優勝が決まる。

緒方監督 次勝てば自動的に決まるので、またうちらしい試合を明後日ヤクルト戦に向けて、準備してやっていきたいと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
ソフトバンク追い風? 清宮、王会長と師弟関係に似た空気感
ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
【中村和久の目】清宮1位指名8、9球団か 残りは社会人の単独指名画策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加