桂文枝「過ごしやすい雰囲気に」NGKリニューアル記念公演発表

桂文枝「過ごしやすい雰囲気に」NGKリニューアル記念公演発表

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

9月25日から大規模改修工事のため休館していた「なんばグランド花月」(NGK)が21日にリニューアルオープン。7日、記念公演の発表会見に桂文枝(74)、「オール阪神・巨人」らが出席した。

No image

リニューアル公演の発表会見に臨んだ(左から)「さや香」新山 士彦、石井 誠一、辻本茂雄、内場勝則、桂文枝、オール巨人、オール阪神、海原やすよ、海原ともこ

1987年11月に新装となったNGKが今回の改修工事で観客が楽しめる飲食店、土産物屋などが充実。さらに舞台裏も空調など設備面を大幅に改修した。文枝は「以前は窓がなくて外が見えなかった。ずっと牢屋にいるような感じ(笑)。ロッキングチェアとかテレビとか。過ごしやすい雰囲気になったようなので楽しみです」と話した。オール阪神(60)は「噂では壁紙を貼り替えただけとか、ネジを締め直しただけとか…」と笑わせたが、芸人にとっても充実した環境となるようだ。

リニューアルオープン初日の21日は「海原やすよ ともこ」の漫才で幕を開ける。通常なら若手が早い時間に顔を出すが「一番初めに立たせて」と海原やすよ(42)が直訴。関西が4劇場に増えることについて「舞台経験を増やせば、M―1も獲れる」と海原ともこ(45)も大歓迎のようだ。NGK、よしもと西梅田劇場、よしもと祇園花月、よしもと漫才劇場という常設劇場4館での公演がスタート。総勢100人超の芸人が忙しく走り回り、初日は各4公演で1万人の観客動員が見込まれる。オール巨人(66)は「かつて1日8ステージやったことも。キャンペーンでも走り回りますよ」とテレビなどでPRにひと役買う構えだ。

新喜劇の2大座長・内場勝則(57)、辻本茂雄(51)が7年ぶりに共演を果たす。「ボケとツッコミで2人で掛け合いするのは何十年ぶりか」と辻本。台本もすでに出来上がっており、内場が孫役、辻本が田舎から出てきた祖父役で2人きりのシーンも満載だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森高千里「奇跡の48歳」を証明も、唯一隠せなかった部分とは?
紅蘭、自宅バレの“原因”に鬼ギレ
妻の不倫でメディアに“倍返し”した太川陽介の「してやったり」
太川陽介の妻・藤吉久美子、不貞疑惑よりも「56歳の美肌」が注目の的に!
矢作兼、藤吉久美子不倫報道に苦言「太川さん信じるって言ってんのに最悪」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加