残り2戦で最終戦出場を目指すキム・ハヌル 3打差発進も「満足いく結果ではない」

残り2戦で最終戦出場を目指すキム・ハヌル 3打差発進も「満足いく結果ではない」

  • ゴルフ情報ALBA.net
  • 更新日:2018/11/12
No image

キム・ハヌル 最終戦出場に向けて頑張れ!|撮影:米山聡明

<伊藤園レディスゴルフトーナメント 初日◇9日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

残り2戦で、最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」(22日開幕、宮崎県・宮崎CC)出場を目指すキム・ハヌル(韓国)。初日をトップと3打差の3アンダー・13位タイで滑り出した。

【LIVEフォト】やっちゃった… 三浦桃香がテヘペロ

2番からの4連続バーディなどロケットスタートをきったこの日のハヌルだが、ホールアウト後の表情がいまいちさえない。それは、結局バーディをその4つしか奪えずに終えた悔しさからだ。「前半はよかった。でも満足いく結果ではありません」。好スタートを切っただけに、もっと伸ばせたという気持ちが強く残った。

今季序盤はなかなか波にのれず、獲得賞金も伸び悩んだ。しかし13位タイとなった9月の「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」あたりから、状況が好転。その翌週の「マンシングウェアレディース東海クラシック」で6位タイに入ると、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」は4位フィニッシュ。さらに賞金総額1億8000万円のビッグトーナメント「マスターズGCレディース」で、今季最高となる2位に入り、一気に1584万円を上積みした。

この間に、賞金ランクもグングン上昇。現在約3743万円の30位まで伸ばし、『大会開催前週までの賞金ランク上位25位まで』という最終戦の出場資格に手が届く位置までたどりついた。現時点での25位は約4057万円。十分逆転可能な範囲だ。

宮崎といえば、2016年に最終戦を含む2勝を挙げた地だが、ハヌル自身は「出られればすごくうれしい。ただ出られなかったとしても仕方ないと思って、そのときは休養にあてます」と自然体でプレーすることを強調。出場権獲得をプレッシャーにはせず、まずはこの3日間に集中していく。もちろん優勝すれば、一発で出場資格をゲット。その可能性も見える初日の成績だっただけに、ここで宮崎行きのチケットを一気に手繰り寄せたい。(文・間宮輝憲)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
額賀辰徳を初優勝に導いた太グリップと突貫インサート
森愉生、単独首位!藍さん目標マンガ好き14歳/サンスポ女子アマ
松山英樹は“横綱” 約7年ぶりラウンドの嘉数光倫が怪物のすごさを語る
神谷そら、ドラコン女王!ぶっちぎり312ヤード、本戦も2差6位/サンスポ女子アマ
石川遼「ドライバーとらわれすぎず」2番ウッド試す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加