[コパ・デル・レイ]清武、公式戦14試合ぶりに先発出場...セビージャはゴールラッシュで4部クラブに先勝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/12/01

[11.30 コパ・デル・レイ4回戦第1戦 フォルメンテラ1-5セビージャ]

コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の4回戦第1戦が30日に行われ、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャがフォルメンテラ(4部)のホームに乗り込み、5-1の勝利を収めた。清武は9月17日のリーガ第4節エイバル戦以来、公式戦14試合ぶりに先発出場を飾り、フル出場を果たしている。

試合をいきなり動かしたのはアウェーのセビージャだった。開始わずか12秒、左サイドからPA内に進入したMFホアキン・コレアが相手選手のファウルを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めたFWウィサム・ベン・イェデルがきっちりネットを揺らしてスコアを1-0とした。

幸先良く先制したセビージャは前半16分、後方から送られたロングボールをMFビセンテ・イボーラがヘッドで落とすと、反応したコレアがトラップから右足シュートでゴールを陥れてリードを2点差に広げる。

前半26分にフォルメンテラに1点を返されたものの、セビージャの勢いは止まらず。同29分にイボーラとの鮮やかなパス交換からコレアが蹴り込んで再びリードを2点差に広げると、同43分にはMFガンソからパスを受けたコレアがPA外からミドルシュートを突き刺して4点目。コレアは前半だけでハットトリックを達成した。

4-1とセビージャが大量リードして後半を迎えると、後半29分に左サイドからPA内へとボールを運んだコレアが相手選手のファウルを誘ってPKを獲得。前半のPKを沈めていたベン・イェデルが落ち着いてネットを揺らし、セビージャが5-1で大勝した。第2戦は12月21日にセビージャのホームで行われる。

●欧州組完全ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田が作り出した“混乱”。勝利のミラン、強さの秘密はセットプレーにあり
ペップ 元教え子セスクを無視
バルサ指揮官、A・トゥランに苦言「ファウルしないようにと言っていた」
墜落事故生存者「死にたい」
ラウドルップの英クラブ解任は”汚職疑惑”によるものだったと暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加