大迫勇也のブレーメン移籍が決定「道を進むために貢献したい」

大迫勇也のブレーメン移籍が決定「道を進むために貢献したい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/16

ドイツ1部リーグ、ブンデスリーガのケルンは16日、日本代表FW大迫勇也(27)が同リーグのブレーメンに移籍すると発表した。ケルンは今季リーグ最下位の18位で来季は2部降格となることが決定。大迫はメディカルチェックのためブレーメン入りしていた。

No image

大迫勇也

ブレーメンのバウマンSDは 「我々の選手リストの重要なブロックとして大迫を獲得することができて嬉しい。彼は技術面で優れ、フレキシブルな選手として攻撃面を補強することができる。さらに、大迫はブンデスリーガで多くの経験を積んでいる」とコメント。コーフェルト監督も「ユウヤは我々にとって大きな補強だ。彼はとてもクリエイティブで、間のスペースで動ける。決定的なパスを出せるが、自らもゴールを奪える」と期待している。

また、大迫も「ここ数年、ブレーメンは素晴らしいファンと長い伝統を持ったクラブだと認識していた。ここでの仕事を楽しみにしているし、道を進むために貢献したい」とコメントを発表した。

ケルンはクラブの公式日本語ツイッターで「さようなら、サコ」「今までありがとう!」と大迫にメッセージ。大迫の言葉として「ケルンでは4年間たくさんの思い出ができました。チームとクラブには凄く感謝しています。FCケルンは将来またすぐに昇格できるよう願います」というコメントを掲載している。

新天地となるブレーメンは今季ドイツ1部で11位だったが、リーグ優勝4度を誇る古豪。1981~86年には元日本代表FW奥寺康彦が所属したことでも知られる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」
日大アメフト問題で明暗を分けた和田正人と武井壮
アメフト反則選手の会見で「日大は急落」企業採用者は
関学大被害者父、日大首脳陣会見に怒り「体の震えが止まりません」
橋下徹「日大アメフト対応はなぜ最悪か」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加