新十両の力真はド緊張、小声で「そうですね」やっと

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

日本相撲協会は11月30日、福岡国際センターで初場所(来年1月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、照強(てるつよし、21=伊勢ケ浜)、力真(りきしん、21=立浪)、坂元改め大奄美(だいあまみ、23=追手風)が新十両に昇進した。

初土俵から5年半で新十両を決めた力真は金びょうぶの前で緊張していた。記者の問いかけに「そうですね」と小声で答えることが続き、立浪親方(元小結旭豊)から「大きい声で」と突っ込まれた。なかなか緊張はほぐれなかったが、最後は「土俵際を磨いて、親方の番付を超すこと」を目標に掲げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デイリースポーツ2記者ベスト8 岡田山「来年リベンジ」理事長杯相撲親善大会
中大の矢後が初優勝=トゥルボルド連覇ならず-相撲全日本
丸山茂樹 “いいヤツ”朝青龍を「ほんと、もったいないですね」
矢後、念願かない涙=四つ相撲磨きプロへ-相撲全日本選手権
阪神・淡路大震災の日に生を受けた新十両の小兵力士『照強』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加