トヨタやインテルなど7社、コンソーシアム設立へ...自動車ビッグデータ向け基盤構築

  • レスポンス
  • 更新日:2017/08/10

トヨタ、インテル、エリクソン、デンソー、トヨタIT開発センター、日本電信電話、NTTドコモは8月10日、「オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム」の創設に向けた活動を開始すると発表した。

このコンソーシアムでは、インテリジェントな車両制御、リアルタイムデータを用いた地図生成、クラウドコンピューティングによる運転支援など、今後、コネクティッドカーの実現に向けて必要となるさまざまなサービスを支える基盤づくりを推進する。

コネクティッドカーとクラウドコンピューティングの間で送受信される1か月あたりのデータ量は、2025年には現在の約1万倍にあたる10エクサバイトに達する見通し。この予想は、将来、分散型のネットワークや、膨大なデータ処理が可能な大容量の計算リソースやストレージを持つ新しいシステムアーキテクチャが必要となることを意味する。またこれらのアーキテクチャは、地域とグローバルでの連携が必要となるため、国際的な基準への対応が求められる。

そこで、このコンソーシアムでは、エッジ・コンピューティングや、より効率的なネットワーク構成技術などを活用することで、自動車とクラウド間のビッグデータの大容量通信と計算処理に重点的に取り組む。

また、主に自動車への搭載を想定したモバイル機器の新しいユースケースの開発とその要件の定義を行い、関連する標準化団体、業界コンソーシアム、ソリューションプロバイダとの連携に活用。さらに、最も効率的な分散・階層型コンピューティングの研究を推進していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホをゲームボーイにする魔法のカバー「SmartBoy」が、ついに発売!
ゾウの気持ちに寄り添える。人間の言葉をゾウの鳴き声に変換してくれる翻訳サイトが登場
長期間の保存に向くM-DISCに対応するBlu-Rayドライブが発売
ホリエモン×ひろゆきが三木谷会長の動向に注目──「楽天」はどこに向かうの?
スマホを8の字に回すと何が起こる? その理由は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加