『おおきなかぶ』の挿絵を描いた彫刻家が教える大切なことが深い

『おおきなかぶ』の挿絵を描いた彫刻家が教える大切なことが深い

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2018/01/12
No image

子どもの頃、絵本『おおきなかぶ』(初版1962年、福音館書店刊)が大好きでした。あの、うんとこしょ、どっこいしょ、という掛け声や、愛らしい動物たちとお爺さん、お婆さんのユーモラスな挿絵が魅力的だったからです。

あの挿絵を描いていたのは、2011年に亡くなった日本を代表する彫刻家・佐藤忠良(さとう・ちゅうりょう)さん。その佐藤さんが40年ほど前にまとめた小学一年生用の図工の教科書に寄せた言葉が、いま読んでも目からウロコだとツイッター上で話題となっています。

投稿したのは、アートディレクターで美大にて准教授もつとめるカイシトモヤさん(@room_composite)。

一体どんな言葉だったのか、まずは当該ツイートを早速ご覧ください。

No image

彫刻家の佐藤忠良さんが40年くらい前にまとめた、小学校1年生用の図工の教科書に書かれている文章。これほどにかんたんな表現で、人間が芸術活動をする意味を説明している文章があるだろうか。
— カイシトモヤ (@room_composite)
2018年1月11日
from Twitter

深い、、、というか忘れていました、この初心。無邪気に粘土や絵の具、石や枯れ枝をガッチャンコしてたあの幼少期。。そこに奇をてらう下心などありませんでした。

芸術活動、創作活動をする原点はこれですよね、クリエイティブな物事に関わっている人は今一度、この文言を胸に、明日からの仕事にうんとこしょ、どっこいしょっと取り組んでみてはいかがでしょうか?

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小室哲哉の「不貞」よりよっぽどゲスい?安藤優子のコメントに批判の嵐!
安室の紅白出場で見えてしまった“芸能界の裏”
同性愛を告白した初のK-POPアイドルHollandがデビュー、日本でも話題に MVではキスシーンも
”東京大雪の日に舞い降りた妖精”福島雪菜 初水着グラビアに反響続々
般若、UZIとZeebraに激怒「あんたら世代の意識の無さ」 痛烈なディス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加