最新ランキングをチェックしよう
『おおきなかぶ』の挿絵を描いた彫刻家が教える大切なことが深い

『おおきなかぶ』の挿絵を描いた彫刻家が教える大切なことが深い

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2018/01/12

子どもの頃、絵本『おおきなかぶ』(初版1962年、福音館書店刊)が大好きでした。あの、うんとこしょ、どっこいしょ、という掛け声や、愛らしい動物たちとお爺さん、お婆さんのユーモラスな挿絵が魅力的だったからです。
あの挿絵を描いていたのは、2011年に亡くなった日本を代表する彫刻家・佐藤忠良(さとう・ちゅうりょう)さん。その佐藤さんが40年ほど前にまとめた小学一年生用の図工の教科書に寄せた言葉が、いま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
デート報道の弘中アナに若林“激イジり” 文春直撃は「英語で言うと何時?」
森田剛&宮沢りえの、あえての子抜き息抜きデート
ガラス製の彫刻を壊した5歳児の親、1400万円請求される
【非常事態発生】大阪地震の強烈すぎる動画が複数公開される / 通勤時間で多数の人がスマホで高画質撮影
「手越飲み会」参加の17歳タレント“解雇理由”に入ったツッコミの嵐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加