【指揮官一問一答】サントリー・沢木監督「『やってみなはれ精神』で成長できた」

【指揮官一問一答】サントリー・沢木監督「『やってみなはれ精神』で成長できた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)の4強による決勝トーナメント最終日は13日、東京・秩父宮ラグビー場で3位決定戦と決勝が行われた。昨季2冠のサントリーと2季ぶりの2冠を狙うパナソニックの決勝は、12-8でサントリーが勝ち、日本選手権は2季連続8度目、TLも2季連続5度目の優勝を飾った。サントリーの沢木監督は短い言葉に喜びを凝縮させた。

--大熱戦の決勝戦。ゲームを終えて

「いい我慢、できました」

--勝敗を分けたものはどんな部分か

「選手たちが自分たちのスタイルを信じて、日ごろの練習の成果を今日、最高のプレーで見せてくれたと思います」

--ベストパフォーマンスだった

「そうですね」

--テーマに挙げていたブレイクダウン、争奪の局面、本当に激しい試合だった。試合を通じての選手たちの働きぶりは

「日ごろのトレーニングの成果がすごく出ていました」

--連覇を目指す一年だった。選手たちの成長ぶりは

「自分たちは去年のチームを超えること、それをターゲットにしてしっかり『やってみなはれ精神』で成長できたと思います」

--この後、選手たちにはどんな言葉をかける

「ラグビーは主役は選手です」

No image

試合後 胴上げされるサントリー・沢木監督=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
こんなにおいしそうに見えるのに...残念ながら食べられない物いろいろ
さとうほなみ(=ゲスの極み乙女。“ほな・いこか”)が、高橋一生を花屋の店員にスカウト!?
ダレノガレ、共演NGにしていた有名人の実名告白 甲高い声に頭痛が...
松井秀喜の米国野球殿堂入りは絶望的どころか1年で資格喪失の可能性大
ももクロ“6人”が並ぶ姿にモノノフ感涙「あかりーーん」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加