トウカイパシオンが5馬身差で圧勝/中山新馬

トウカイパシオンが5馬身差で圧勝/中山新馬

  • netkeiba.com
  • 更新日:2018/01/14
No image

後続を突き放して新馬勝ちしたトウカイパシオン(撮影:下野雄規)

13日、中山競馬場4Rで行われた新馬戦(3歳・牝・ダ1200m・16頭)は、先行争いを制してハナに立った江田照男騎手騎乗の4番人気トウカイパシオン(牝3、美浦・菊川正達厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の8番人気プリームムロジンカ(牝3、美浦・高橋裕厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分13秒0(良)。

さらに2.1/2馬身差の3着に3番人気アスールダリア(牝3、栗東・西村真幸厩舎)が入った。なお、2番人気ヒザクリゲ(牝3、栗東・牧浦充徳厩舎)は4着、1番人気セレナライティア(牝3、美浦・新開幸一厩舎)は7着に終わった。

勝ったトウカイパシオンは、父ヨハネスブルグ、母トウカイポプリ、その父タイキシャトルという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆トウカイパシオン(牝3)
騎手:江田照男
厩舎:美浦・菊川正達
父:ヨハネスブルグ
母:トウカイポプリ
母父:タイキシャトル
馬主:内村正則
生産者:松栄牧場

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き
小室哲哉の「不貞」よりよっぽどゲスい?安藤優子のコメントに批判の嵐!
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
【悲報】東京、ガチで雪が積もり始める
ダルビッシュ、文春記者発言に「頭大丈夫なのでしょうか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加